肌に優しい化粧品のガイドブック » 改善したい!肌の悩み » シワを予防したい

シワを予防したい

何気なく鏡を見るといつの間に増えてしまっているシワ。シワは深く刻まれる前にケアをし、予防するのが大事です。ここでは、シワの原因や予防方法、乾燥ジワにおすすめのスキンケアをご紹介します。

監修者

【監修】私が解説します!

天然由来の基礎化粧品を開発しているメーカー「リソウコーポレーション」開発部門の研究員。
健康食品の原料メーカーでもあることから成分・原料開発の実績を活かし、素肌に優しい化粧品の開発を行っています。

≫リソウコーポレーションとは?

特に注意したい
「乾燥ジワ」「紫外線ジワ」

シワには、乾燥が原因の「乾燥ジワ」、紫外線ダメージによる「紫外線ジワ」などがあります。

これらのシワを放置するとどうなるのでしょうか。加齢とともに表面化する乾燥ジワは、長くて深く刻まれた大きなシワになりやす、紫外線ジワは肌内部の水分がどんどん減少し、シワがより目立つようになります。

シワの予防方法とは?

ちりめん状が特徴の
「乾燥ジワ」の場合

乾燥ジワには保湿機能が高い化粧品を使って、角質層の水分量を増やす必要があります。特に皮膚が薄いとされる目・口周りは乾燥ジワができやすい部分。重ね付けなどでうるおいをたっぷり与えてあげましょう。

もちろん、室内にいてもクーラーなどで乾燥が避けられない場面もあるでしょう。そんな時は、加湿器の活用や保湿成分の入ったUVクリーム・メイクをするといった心がけも大切。日頃から肌を乾燥させないための工夫が、シワ予防につながるのです。

おすすめ保湿成分

シワ対策のための保湿成分ですが、グリセリン・ヒアルロン酸・セラミドなどがおすすめ。

  • グリセリンは、乾いた角質層に潤いを与え、柔らかくすることができます。乱れた肌も整えやすくなり、乾燥対策に繋がります。
  • ヒアルロン酸は、乾燥した環境でも水を多く保つ水分です。もともと人間の体に存在している成分のため、肌に馴染みやすく、さまざまな肌質にも使えます。
  • セラミドは、角質層にある細胞の間に水分と脂分を繋ぎ、外部ダメージから肌のバリア機能を強くしながら、肌の水分の蒸発を防ぐこともできるため、シワの予防として高く期待できます。

外部ダメージが原因の
「紫外線ジワ」の場合

紫外線ジワの場合、やはり紫外線を浴びないことが一番。外出時はUVクリームや日傘、帽子、手袋を使用して、なるべく日光が肌に触れないようにしましょう。

UVクリーム関しては、「紫外線吸収剤」を配合された成分に気を付ける必要があります。紫外線吸収剤は紫外線を身体から追い出す際に、肌に化学反応を起こすことがあり、負担をかけやすいです。日常生活で使うのであれば、「紫外線吸収剤」不使用で「SPF30・PA++」くらいのUVクリームなら肌に優しい。

しかし、これらの工夫を凝らしても100%紫外線を防ぐのは不可能ですので、スキンケアで小さなダメージを日々リセットする意識が大切です。しっかりと保湿をして紫外線による乾燥を防ぐこと。紫外線によって減少するコラーゲンを補うことが大切です。

アイテム別に解説
肌に優しい化粧品の選び方

監修者
【監修者より】
知ってほしい、
研究員の思い。

化粧品をつくる側だからこそ、
本当に良い化粧品は何かを伝えたい。

直接お肌につけるものだからこそ、私たち研究員は「お肌に優しく、そしてお客様のお悩みにより添える商品」の開発を使命としています。世の中には、たくさんの化粧品があふれています。日々、研究に熱を注いでいるからこそ、お客様にはご自身の肌に合った商品を手に取ってほしい。そう、切に願っています。

このサイトをご覧になっている皆さんは、お肌をいたわる化粧品を探していらっしゃることでしょう。お肌の知識や、化粧品業界の事情から「お肌への優しさ」というテーマで解説させて頂きました。皆さんの化粧品選びに少しでもお役に立てれば幸いです。

           

本当に、肌に優しい化粧品を届けたい。
理想の化粧品をつくるため、
リソウは研究を続けています。

1995年に健康食品の原料メーカーとして創業。成分開発の技術を活かし“肌に優しい化粧品”として美容液「リペアジェル」を代表とするリペアシリーズを製造・販売しています。本当に肌へ良い成分を追求し、業界で不可能といわれた生のビタミンCを配合する技術を開発。良質な植物原料にもこだわり自社農園にて無農薬栽培も行っています。

リソウコーポレーション
の商品サイトへ