肌に優しい化粧品のガイドブック » 改善したい!肌の悩み » 日焼けしたときはスキンケアを変えた方がいい?

日焼けしたときはスキンケアを変えた方がいい?

日焼け対策は日差しが強い夏に限らず、1年通して欠かせません。紫外線ダメージを受けた肌は、焼けて黒くなるだけではなく、しみ・しわの原因にもなります。日焼けした後のスキンケア対策と注意したいことを解説しているので、参考にしてみてください。

日焼け直後は72時間以内にクールダウン

日に焼けてしまったときは、第一に肌を冷やしましょう。日焼け直後は72時間以内に肌をクールダウンさせることが大切です。言うなれば、日焼けした肌は「やけど」をしている状態と同じ。顔全体が赤くなっているなら、冷蔵庫で冷やしたシートマスクや濡れタオルなどを使って顔全体を覆いましょう。紫外線が強いシーズンは冷蔵庫にシートマスクをストックしておくのがおすすめです。

日焼けをした当日だけでなく2~3日様子をみて、炎症が落ち着くまで続けてください。保冷剤で肌を冷やしたり、ミネラルウォーターをスプレーに入れて日焼け部分に吹きかけたりするのもひとつの手です。ただし、保冷材を直接肌にあてるのはNG。急激に肌を冷やすとかえって刺激になってしまうので、清潔なタオルに保冷材をくるんでから肌を冷やしてください。

肌が落ち着いてきたら保湿ケアを徹底

スキンケアは、日焼けした肌が落ち着いてきたらスタートします。ヤケド状態の肌にスキンケア用品を塗布すると炎症が悪化する可能性があるので、必ず肌の状態が落ち着くまで待ちましょう。少しでもヒリヒリとした痛みを感じるようならスキンケアをやめ、冷やすことに徹してください。

日焼けした肌に欠かせないのは保湿ケアです。紫外線を浴びると活性酸素が発生するため、肌のタンパク質が酸化して「カルボニルタンパク」が増えます。角質層がカルボニル化すると肌の水分量は低下して乾燥状態になるため、うるおいを補う必要があるのです。コラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸やグリセリン、レシチンやエラスチンなどの保湿成分が配合されているスキンケア用品を選ぶと良いでしょう。

このとき注意したいのは刺激が少ないタイプのスキンケア用品を選ぶこと。保湿成分がたっぷり配合されているスキンケア用品でも、肌刺激の強いアルコールや添加物などが入っているスキンケア用品を使用すると、日焼けの炎症がさらに悪化してしまいます。肌が荒れてしまう可能性もあるため、日焼け後の肌には刺激の少ないスキンケア用品を使用しましょう。

日焼け後1ヶ月は美白化粧品でアフターケア

日焼けした肌がうるおいを取り戻したら、美白化粧品を使って日焼け後の最終ケアをしましょう。

紫外線を浴びると、紫外線から細胞を守る「メラニン」という色素が生成されます。 紫外線ダメージが蓄積されるほど、メラニンをつくる「メラノサイト」は刺激され、メラニンが過剰につくられる仕組みです。メラニンは私たちの身体に欠かせないものですが、ケラチノサイト(角化細胞)に滞留するとシミになってしまいます。メラニンがシミとなって将来的に肌の表面に出てこないように、ビタミンC誘導体やハイドロキノン、コウジ酸やユキノシタなどの美白成分が配合された化粧品を使用しましょう。

保湿ケア同様、美白化粧品を取り入れるときも刺激が強いアイテムを使うと炎症が悪化する可能性があるので注意してください。

肌だけじゃない!日焼け後にケアしておくべき部位

日焼けをするのは肌だけではありません。紫外線を浴びたさまざまな部位がダメージを受けているのです。日焼けをした後、重点的にアフターケアしておきたい部位とその理由をご紹介します。

皮膚がとても薄く、皮脂腺・汗線が少ないぶん乾燥しやすいパーツです。紫外線ダメージをダイレクトに受けてカサカサになりやすいので、リップクリームで保湿を強化しましょう。お風呂でリップクリームを塗ってラップでパックをすると保湿効果がアップして、ぷるっとした唇になります。

とくに夏場はプールや海に行く際は、髪の毛の紫外線ダメージに要注意。水に濡れた状態で紫外線を浴びると毛髪の中で酸化が起こり、より強いダメージを受けてしまうためです。紫外線ダメージを受けると髪の毛のタンパク質は壊され、細くなったり枝毛になったりします。

日焼け後のヘアケアは、まずブラッシングをして髪の毛の絡みをとるところから始めましょう。絡みがなくなったらぬるま湯で髪全体を一度すすいで、泡立てたシャンプーで優しく洗います。シャンプーをすすいだら保湿力の高いコンディショナーやトリートメントでヘアケアをしてください。乾かす際はしっかりタオルドライしたほうがドライヤーをあてる時間が短くなり、髪を傷めずに済みます。

首の皮膚は薄く、紫外線ダメージを受けやすい傾向があります。また、紫外線ダメージによって老けて見えやすいパーツなのできちんとケアしましょう。日焼け止めはもちろん、スキンケア用品で保湿対策するのもお忘れなく。

日焼けした肌のように赤くなったり黒くなったりするわけではありませんが、爪もまた紫外線の影響を受ける部位です。紫外線ダメージを受けると爪が割れやすくなったり、縦じわができたりするため、ネイルクリームを塗って保湿ケアをしましょう。

日焼け後の肌を放置するとどうなるの?

アフターケアをしないまま日焼けした肌を放置すると、バリア機能が低下して肌の水分はどんどん失われていきます。乾燥により目もと・口元の小じわが目立ったり、肌にハリがなくなったりするため、見た目年齢も急上昇。また、今はあまり見た目の変化がない方も、数年後に蓄積された隠れシミが浮き出てくる可能性があります。綺麗な肌で居続けるため、日焼けした肌のアフターケアは必須なのです。

日焼けしたときのスキンケア用品の選び方

日焼けは「ヤケド」と何ら変わりありません。紫外線のダメージによる炎症が起こっているほか、バリア機能も低下して外部刺激を受けやすいとてもデリケートな状態。炎症を悪化させないため、将来的にシミやシワを増やさないためにも、保湿・美白スキンケアを徹底しましょう。日焼け後のデリケートな肌には、刺激が少ないスキンケア用品がおすすめです。

監修者
【監修者より】
知ってほしい、
研究員の思い。

化粧品をつくる側だからこそ、
本当に良い化粧品は何かを伝えたい。

直接お肌につけるものだからこそ、私たち研究員は「お肌に優しく、そしてお客様のお悩みにより添える商品」の開発を使命としています。世の中には、たくさんの化粧品があふれています。日々、研究に熱を注いでいるからこそ、お客様にはご自身の肌に合った商品を手に取ってほしい。そう、切に願っています。

このサイトをご覧になっている皆さんは、お肌をいたわる化粧品を探していらっしゃることでしょう。お肌の知識や、化粧品業界の事情から「お肌への優しさ」というテーマで解説させて頂きました。皆さんの化粧品選びに少しでもお役に立てれば幸いです。

           

本当に、肌に優しい化粧品を届けたい。
理想の化粧品をつくるため、
リソウは研究を続けています。

1995年に健康食品の原料メーカーとして創業。成分開発の技術を活かし“肌に優しい化粧品”として美容液「リペアジェル」を代表とするリペアシリーズを製造・販売しています。本当に肌へ良い成分を追求し、業界で不可能といわれた生のビタミンCを配合する技術を開発。良質な植物原料にもこだわり自社農園にて無農薬栽培も行っています。

リソウコーポレーション
の商品サイトへ