肌に優しい化粧品のガイドブック » 改善したい!肌の悩み » 化粧品を変えたら顔にかぶれが…

化粧品を変えたら顔にかぶれが…

化粧品を新しく買い替えたら、顔がかぶれてしまった…という経験がある方は多いでしょう。もしかすると、それはただの肌荒れやかぶれではなく「好転反応」かもしれません。ここでは、化粧品による肌かぶれの原因・症状、肌かぶれとや好転反応との違いなどを紹介します。

化粧品かぶれとは?

化粧品かぶれとは「接触性皮膚炎」という皮膚炎の一種。特定の成分や物質が肌に触れることで、接触した箇所が熱を持つ、赤く腫れる、かゆみや発疹がでる、水膨れができるなどの症状があらわれます。新しい化粧品を使い始めてすぐに発生するケース、または化粧品を使用してある程度期間が経ってから症状が出るケースがあり、そのまま化粧品を使い続けると症状の悪化や色素沈着を起こすことがあるため注意が必要です。

好転反応とは?

新しい化粧品を使用してすぐに湿疹や赤みがあらわれたとしても、それは今まで肌に溜まっていた良くないものが表面化しただけで、一定期間を過ぎると症状が良くなる「好転反応」かもしれません。好転反応は肌の調子が良くなるまでに発生する現象のことで、その化粧品が肌に合っているという証拠でもあります。

スキンケアで肌に起こる好転反応は、吹き出物やニキビ、肌のざらつきなど。新しい化粧品を使い始めてすぐにこれらの症状が発生した場合、すぐに化粧品を変えるのではなく、その症状が「化粧品かぶれ」か「好転反応」かを見極める必要があります。

好転反応と肌荒れを見極めるポイント

好転反応の場合、湿疹や赤みがあらわれたとしても、基本的にかゆみやヒリヒリ感はありません

一方で「化粧品かぶれ」の場合は、かゆみやヒリヒリ感が生じます。見た目の症状だけだと見極めが難しいところですが、化粧品を使用したときに感じる刺激の違いで上手に見極めましょう。

普段問題なく使用できていた化粧品なのに、ある日突然かぶれてしまった場合

これまで問題なく使用できていた化粧品でも、年齢やホルモンバランス、体質などの変化によって肌に合わなくなるケースがあります。肌環境はとてもデリケートでゆらぎやすいため、年齢やホルモンバランス、体質の変化に合わせて化粧品を適宜買い替えることも大切です。

監修者
【監修者より】
知ってほしい、
研究員の思い。

化粧品をつくる側だからこそ、
本当に良い化粧品は何かを伝えたい。

直接お肌につけるものだからこそ、私たち研究員は「お肌に優しく、そしてお客様のお悩みにより添える商品」の開発を使命としています。世の中には、たくさんの化粧品があふれています。日々、研究に熱を注いでいるからこそ、お客様にはご自身の肌に合った商品を手に取ってほしい。そう、切に願っています。

このサイトをご覧になっている皆さんは、お肌をいたわる化粧品を探していらっしゃることでしょう。お肌の知識や、化粧品業界の事情から「お肌への優しさ」というテーマで解説させて頂きました。皆さんの化粧品選びに少しでもお役に立てれば幸いです。

           

本当に、肌に優しい化粧品を届けたい。
理想の化粧品をつくるため、
リソウは研究を続けています。

1995年に健康食品の原料メーカーとして創業。成分開発の技術を活かし“肌に優しい化粧品”として美容液「リペアジェル」を代表とするリペアシリーズを製造・販売しています。本当に肌へ良い成分を追求し、業界で不可能といわれた生のビタミンCを配合する技術を開発。良質な植物原料にもこだわり自社農園にて無農薬栽培も行っています。

リソウコーポレーション
の商品サイトへ