肌に優しい化粧品のガイドブック » 改善したい!肌の悩み » 粉ふき肌にサヨナラしたい…

粉ふき肌にサヨナラしたい…

カサカサの粉ふき肌は、ファンデーションのノリもなんだかパッとしないもの…。ひどくなるとかゆみや刺激を伴ってしまうこともあります。きちんとお手入れしているつもりでも粉ふき肌が起きてしまうのはどうしてなのでしょうか?粉ふき肌の原因と対策、正しいスキンケア方法についてわかりやすくご紹介します。

粉ふき肌の原因は?

粉ふき肌とは、肌の表面がカサカサして、白っぽい粉を吹いたようにみえる状態をさします。粉ふき状態の肌は、マイクロスコープで見ると表面の角層がめくれあがったり、はがれかけたりしていて、大変デリケートな状態。粉ふき肌の代表的な原因は「乾燥」と「ターンオーバーの乱れ」です。詳しく知っていきましょう。

乾燥

乾燥した肌は、水分が奪われ、角質細胞同士のつながりも弱くなってしまうため、ちょっとした刺激や摩擦で角質細胞がはがれやすくなっています。粉ふき肌が白っぽく目立ってしまうのは、ダメージを受けてはがれかけた角質細胞によるものなのです。

乾燥といえば、秋冬の寒い時期をイメージする人も多いでしょう。しかし、近年はエアコンの冷暖房の影響で季節問わず乾燥しやすい環境にあるのです。快適に過ごせる画期的なアイテムですが、乾燥しやすく、肌にとっては快適と言えません。このようなことから、乾燥対策はオールシーズン必要だといえるでしょう。

乾燥の要因

肌の乾燥を引き起こすのは、秋冬の乾燥した空気だけではなく、冷暖房の利用も深く影響を及ぼしているようです。

近年の建物は、家庭や仕事場問わず気密性の高いものが多く、冷暖房を利用することで一年中快適に過ごすことができますが、空気は大変乾燥しやすいというデメリットがあります。こうした環境で長時間を過ごしているとどうしても肌の水分が奪われやすく、知らず知らずのうちに肌が乾燥してしまうのです。

対策

粉ふき肌の大きな要因「乾燥」を防ぐには、しっかりとした保湿ケアが必要です。洗顔後のスキンケアは特に丁寧に行いましょう。その際、肌に刺激を与えないよう十分注意してください。角質がはがれ、バリア機能が低下している肌は、とくに敏感な状態です。化粧水を擦ったり叩き込んだりするのではなく、手のひらで優しくおさえて、肌全体に浸透させるようなイメージでプレスしましょう。

また、保湿ケアに加え、室内の加湿も行うとさらに乾燥から肌を守ることができます。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーとは、古い角質細胞と新しい角質細胞が定期的に入れ替わるサイクルのこと。肌のバリア機能はターンオーバーによって維持されているといっても過言ではありません。ターンオーバーは通常4~6週間のサイクルで行われるのですが、このサイクルが乱れてしまうと古い角質細胞が肌の表面に蓄積して、次第にはがれ落ちにくくなり、粉ふき肌になってしまうのです。

また、乾燥や紫外線などのダメージを受けた肌は、バリア機能を高めようとしてターンオーバーをスピードアップ。急いで新しい角質細胞を作ろうとしますが、短時間で作り出された角質細胞は未成熟状態で、乾燥しやすい細胞になる可能性が高いとわかっています。未成熟がゆえにはがれ落ちる機能も低く、結果としてターンオーバーのサイクルを乱し、粉ふき肌を引き起こしてしまうようです。

ターンオーバーが乱れる要因

ターンオーバーが乱れる要因として、加齢や生活習慣の乱れなどが挙げられます。

年齢を重ねるにつれてターンオーバーのサイクルは長期化するため、どうしても古い角質が肌の表面に蓄積されてしまうのです。

また、ターンオーバーを乱しやすい生活習慣として、睡眠不足、ストレス、疲労、喫煙、運動不足、過度の飲酒、無理なダイエット、偏食、冷え、便秘などが関わっているとされています。

対策

ターンオーバーを乱さないためには、日焼け止めなどの紫外線対策や保湿などの乾燥対策をしっかりすることが大切です。その上で、ターンオーバーを乱しやすい生活習慣を見直していきましょう。

また、きちんとしたスキンケアで肌を清潔に保つとターンオーバーが整いやすくなります。言い方を変えれば、間違ったスキンケアをしているとターンオーバーが乱れてしまうということ。肌に合った正しいスキンケアを心がけましょう。

粉ふき肌の正しいスキンケアは?

粉ふき肌にサヨナラするためには、毎日の正しいスキンケアが大切です。洗顔から保湿まで、それぞれのポイントをご紹介しますので、今日からのスキンケアの参考にしてみてください。

泡で優しく丁寧に洗いましょう

乾燥して角質細胞がめくれあがったり、はがれかけたりしている粉ふき肌はとてもデリケートです。洗顔する際は、しっかりと泡立てて優しく丁寧に洗いましょう。また、洗い流すときはぬるま湯を使いましょう。熱いお湯を洗顔に使用すると、必要な水分まで蒸発してしまうことがあるため、粉ふき肌にはNG。洗い残しがないよう、丁寧にすすいでタオルで優しく水分を拭きとってください。

保湿ケアを丁寧に行いましょう

粉ふき肌のスキンケアにおいて、保湿はとても大切です。特に洗顔後や入浴後は、水分が蒸発しやすく肌が乾燥しやすいため、なるべく早めに保湿ケアを始めましょう。化粧水で肌にしっかりと水分を補給してから、乳液やクリームで油分で水分の蒸発を抑えます。この時もなるべく刺激を与えないように、手のひらで優しくおさえるようにケアしてください。

肌刺激の少ないスキンケア用品を選びましょう

肌のバリア機能が低下して、とてもデリケートな状態になっている粉ふき肌。肌刺激になりやすい成分(パラベンや合成香料など)を多く含むスキンケア用品を使ってしまうと、さらに肌トラブルを悪化させるおそれがあります。粉ふき状態が続いている時は、天然由来成分でつくられた肌刺激の少ないスキンケア用品を選ぶのがおすすめです。

毎日使うスキンケア用品は、肌のコンディションを左右するもの。自分の肌に合ったものをしっかりと選んで使いましょう。

監修者
【監修者より】
知ってほしい、
研究員の思い。

化粧品をつくる側だからこそ、
本当に良い化粧品は何かを伝えたい。

直接お肌につけるものだからこそ、私たち研究員は「お肌に優しく、そしてお客様のお悩みにより添える商品」の開発を使命としています。世の中には、たくさんの化粧品があふれています。日々、研究に熱を注いでいるからこそ、お客様にはご自身の肌に合った商品を手に取ってほしい。そう、切に願っています。

このサイトをご覧になっている皆さんは、お肌をいたわる化粧品を探していらっしゃることでしょう。お肌の知識や、化粧品業界の事情から「お肌への優しさ」というテーマで解説させて頂きました。皆さんの化粧品選びに少しでもお役に立てれば幸いです。

           

本当に、肌に優しい化粧品を届けたい。
理想の化粧品をつくるため、
リソウは研究を続けています。

1995年に健康食品の原料メーカーとして創業。成分開発の技術を活かし“肌に優しい化粧品”として美容液「リペアジェル」を代表とするリペアシリーズを製造・販売しています。本当に肌へ良い成分を追求し、業界で不可能といわれた生のビタミンCを配合する技術を開発。良質な植物原料にもこだわり自社農園にて無農薬栽培も行っています。

リソウコーポレーション
の商品サイトへ