肌に優しい化粧品のガイドブック » 改善したい!肌の悩み » おでこの乾燥を治したい

おでこの乾燥を治したい

毎日きちんとお手入れをしていても、おでこの皮膚がカサカサに乾燥して粉を吹いたように白っぽくなってしまったり、薄い皮膚がめくれてしまったり…見た目的にも気になりますね。どうしておでこが乾燥してしまうのでしょうか。

おでこの乾燥の原因

紫外線

肌には本来バリア機能が備わっていて、水分の蒸発や乾燥を防いでいます。しかし、長時間にわたって強い紫外線を浴びるとバリア機能は低下します。そうなると、外部からの刺激の影響を受けやすくなるのでシミやニキビなど、肌荒れを起こしてしまうのです。紫外線は夏だけではありません。年中降り注いでいるので十分な対策と保湿を徹底しましょう。

冷暖房

紫外線以外におでこが乾燥する原因として冷暖房が挙げられます。近年の建物は気密性が高いので、冷暖房を使用すると室内の空気はとても乾燥します。そのような環境で過ごしていると、どうしても肌の水分が失われてしまうのです。おでこが粉を吹くような状態は冬場のものだと考えがちですが、実はオールシーズンいつでも起こる可能性があると覚えておきましょう。

今日から始めるべきスキンケア

誤った洗顔方法やスキンケアによる毛穴のつまり、髪の毛の刺激や雑菌によるダメージなど、おでこが乾燥するのにはさまざまな原因があります。まずはその原因をしっかり理解することが大切です。

顔の中でもおでこはもともと皮脂が多く分泌される場所で、すぐにテカテカしてしまいますね。だからといって保湿を怠っていると肌トラブルの原因になります。保湿しないと水分と油分のバランスが崩れて、乾燥して肌荒れを起こしてしまうかもしれません。保湿重視のスキンケアを心がけるべきです。

丁寧な保湿スキンケア

洗顔後や入浴後は、肌が水分を失いやすい状態になっています。そのままにせず、早めに保湿ケアをしましょう。まずは化粧水でたっぷり水分を補って、それから乳液やクリームなどで油分を与えます。こすったり叩いたりすることは避けて、手のひらで優しく押さえるように浸透させるのがコツです。

気温が低い冬場や冷暖房が完備された部屋では、肌が乾燥しやすいので要注意。念入りなスキンケアはもちろんですが、加湿器などを使用することも大切です。

化粧品の選び方

化粧品を選ぶときに大切なのは、とにかく自分の肌質に合ったものを見つけること。そのうえで、肌の状態に応じてきちんと使い分けるようにしましょう。

自分の肌質に合う成分を知る

当然ですが肌に合う成分は人それぞれ異なります。たとえば化粧水なら、使ったときにピリピリしたり赤くなったりしたならすぐに使用を中止して、成分をチェックしましょう。肌に合わない化粧品に共通する成分があれば、今後はそれを避けて選びます。

肌の状態に応じて使い分ける

いつも使っている化粧品でも、そのときの体調やホルモンバランス、季節などの環境によって急に肌に合わなくなることがあります。そんなときは、敏感肌用の化粧品に変えて落ち着くまで焦らず待ちましょう。

特に生理前や季節の変わり目など、ちょっとしたことで刺激を受けやすくなる時期があるのは仕方のないことです。そのようなときに使えるよう、常に敏感肌用の化粧水などを常備しておくことをおすすめします。

監修者
【監修者より】
知ってほしい、
研究員の思い。

化粧品をつくる側だからこそ、
本当に良い化粧品は何かを伝えたい。

直接お肌につけるものだからこそ、私たち研究員は「お肌に優しく、そしてお客様のお悩みにより添える商品」の開発を使命としています。世の中には、たくさんの化粧品があふれています。日々、研究に熱を注いでいるからこそ、お客様にはご自身の肌に合った商品を手に取ってほしい。そう、切に願っています。

このサイトをご覧になっている皆さんは、お肌をいたわる化粧品を探していらっしゃることでしょう。お肌の知識や、化粧品業界の事情から「お肌への優しさ」というテーマで解説させて頂きました。皆さんの化粧品選びに少しでもお役に立てれば幸いです。

           

本当に、肌に優しい化粧品を届けたい。
理想の化粧品をつくるため、
リソウは研究を続けています。

1995年に健康食品の原料メーカーとして創業。成分開発の技術を活かし“肌に優しい化粧品”として美容液「リペアジェル」を代表とするリペアシリーズを製造・販売しています。本当に肌へ良い成分を追求し、業界で不可能といわれた生のビタミンCを配合する技術を開発。良質な植物原料にもこだわり自社農園にて無農薬栽培も行っています。

リソウコーポレーション
の商品サイトへ