肌に優しい化粧品のガイドブック » 改善したい!肌の悩み » 混合肌を治したい

混合肌を治したい

頬や口、目の周りはカサカサなのに、おでこや鼻のいわゆるTゾーンはテカテカしている…。部位によって肌質の差が激しい「混合肌」に悩んでいる人も多いでしょう。

こちらでは混合肌の原因やおすすめのスキンケアについて説明します。

混合肌の原因

混合肌は顔の部分ごとに皮脂と水分のバランスが違い、気温の変化や乾燥など、環境の影響を強く受けてしまいます。その原因はさまざまですが、生理の前後や季節の変わり目によるホルモンバランスの乱れやストレス、肌に合わない化粧品、不適切なスキンケア、紫外線によるダメージなどが挙げられます。現代では季節を問わずエアコンを多用するので、それも原因のひとつになっているでしょう。

混合肌のスキンケア

混合肌に悩んでいる人は、皮脂対策を重視したスキンケアをしがち。ですが、大切なのは皮脂と水分のバランスを取ることです。部位によって適切なスキンケアを行なわなければ混合肌は改善しません。

スキンケアのコツ

クレンジングでは汚れを落とすことが必須ですが、皮脂まで落とすようなクレンジング力が高すぎるものを選んではいけません。メイクの程度に合ったクレンジングを選ぶべきです。

洗顔もスクラブ入りのような刺激の強いものは避けましょう。マイルドな洗浄力の洗顔料を使って、優しく丁寧に洗うよう意識してください。化粧水は肌に潤いを与えることが主な目的ですので、べたつきが気になる部分も含めて顔全体にしっかり広げることが大切です。

乳液やクリームは、べたつきが気になる部位には控えめに。とはいっても、まったく塗らないのもいけません。顔全体に薄くムラのないように塗ってから、乾燥が気になる部分に重ね塗りするようにしましょう。

生活習慣の見直し

普段の生活のなかに「混合肌」の原因が隠れているかもしれません。健康的な肌を保つために、気をつけておきたい生活習慣のポイントをお伝えします。

栄養バランスの取れた食事

基本的に肌のテカリは皮脂の分泌量に比例します。揚げ物やファーストフード、辛い物など刺激の強い食事を好んでいると皮脂の分泌量は増え、肌のテカリも増してきます。

健康のためには良質なタンパク質に加えて、ビタミンや食物繊維を豊富に含んだ野菜をしっかり摂り、栄養バランスの取れた食生活を心がけることが第一。肌の健康もしかりです。

特にブロッコリーや赤ピーマンなどの緑黄色野菜に多く含まれる「ビタミンC」や「ベータカロテン」には、肌を老化させる活性酸素を抑えて健康的な肌を維持する抗酸化作用があります。

質の高い睡眠

眠り始めのノンレム睡眠時は、肌のダメージを修復する成長ホルモンが多量に分泌されるため、肌にとってもっとも大切な時間といえます。したがって、睡眠不足はもちろん、質の悪い睡眠は肌トラブルに直結すると考えましょう。睡眠が十分でないとホルモンバランスも乱れ、男性ホルモンが優位になるので皮脂の大量分泌によってオイリー肌の原因にもなります。

ありがちなのは、寝る直前のスマートフォンの使用。また、カフェインを含んだ飲み物やアルコールの摂りすぎはスムーズな寝つきを妨げます。いずれも睡眠の質を悪くさせるので避けるようにしましょう。

監修者
【監修者より】
知ってほしい、
研究員の思い。

化粧品をつくる側だからこそ、
本当に良い化粧品は何かを伝えたい。

直接お肌につけるものだからこそ、私たち研究員は「お肌に優しく、そしてお客様のお悩みにより添える商品」の開発を使命としています。世の中には、たくさんの化粧品があふれています。日々、研究に熱を注いでいるからこそ、お客様にはご自身の肌に合った商品を手に取ってほしい。そう、切に願っています。

このサイトをご覧になっている皆さんは、お肌をいたわる化粧品を探していらっしゃることでしょう。お肌の知識や、化粧品業界の事情から「お肌への優しさ」というテーマで解説させて頂きました。皆さんの化粧品選びに少しでもお役に立てれば幸いです。

           

本当に、肌に優しい化粧品を届けたい。
理想の化粧品をつくるため、
リソウは研究を続けています。

1995年に健康食品の原料メーカーとして創業。成分開発の技術を活かし“肌に優しい化粧品”として美容液「リペアジェル」を代表とするリペアシリーズを製造・販売しています。本当に肌へ良い成分を追求し、業界で不可能といわれた生のビタミンCを配合する技術を開発。良質な植物原料にもこだわり自社農園にて無農薬栽培も行っています。

リソウコーポレーション
の商品サイトへ