肌に優しい化粧品のガイドブック » 化粧品の研究員が語る本当に肌に優しい化粧品とは » その化粧品はホントに肌に優しい? » オーガニック化粧品の選び方について

オーガニック化粧品の選び方について

近年、「オーガニック化粧品」という言葉を目にする機会が増えましたよね。スキンケアに大切なのは、潤いや美白、そして何より「肌への優しさ」です。オーガニック化粧品とは一体どういう化粧品のことを言うのか?他の化粧品との違いや、肌に優しいと言える理由を、実際の研究員さんに解説してもらいます。

監修者

【監修】私が解説します!

天然由来の基礎化粧品を開発しているメーカー「リソウコーポレーション」開発部門の研究員。
健康食品の原料メーカーでもあることから成分・原料開発の実績を活かし、素肌に優しい化粧品の開発を行っています。

≫リソウコーポレーションとは?

オーガニック化粧品とは?

オーガニック化粧品

そもそも「オーガニック」とはどういう意味なのかご存知でしょうか?オーガニックとは、「有機栽培」。つまり化学合成農薬や化学肥料に頼ることなく、自然の力で栽培することを意味しています。

つまりオーガニック化粧品と呼ばれているのは、化学の力に頼らない農薬や肥料で育てた植物によって作られた化粧品のこと。

オーガニック由来成分のメリット

オーガニック化粧品には、「オーガニック由来成分」がたっぷり含まれています。どうしてオーガニック由来成分が良いのか、そのメリットを1つ1つチェックしていきましょう。

オーガニック栽培植物は生命力が
強いため、高い効果が期待できる

オーガニック植物

オーガニック栽培で育てられた植物たちは、どれも化学薬品に頼らず自然の力のみで生きてきました。そのため自発的に身を守る力が強いという特徴を持っており、生命力が高いわけです。

特に注目したいのは、オーガニック栽培植物の「抗酸化作用」と「抗炎症作用」。抗酸化作用は活性酸素によって肌の細胞が老化するのを防ぎ、年齢を重ねた肌のケアとして期待できます。抗炎症作用は肌のかゆみや赤み、痛みといった肌トラブルを抑制する働きがあります。

以上の植物を配合したオーガニック化粧品には、肌の老化へのケアや肌トラブルを防ぐ力が特に強く備わっているのです。

天然成分のため、肌への負担が少ない

化学薬品が一切使われていないため、オーガニック化粧品は「天然」だと言えます。

つまり化学成分が原因となって肌に負担をかけたり、トラブルを起こしたりするリスクが低いのです。そのため敏感肌の方でも安心して使えます。

肌だけじゃない!地球にも優しい

化粧品が作られる過程を見てみると、オーガニック化粧品は人だけでなく地球にも優しい存在。有機栽培では、化学技術による農薬や肥料を使わずに植物を育てているので、化学物質による大気汚染の影響が少ないと考えられます。

お肌に優しいことはもちろんうれしいことですが、地球にも優しい化粧品というのは気分が更に良いものですよね。

たった1%の成分でも
「オーガニック」と名乗れる、
日本のオーガニック化粧品事情

純度の高い成分イメージ

肌にも地球にも優しいオーガニック化粧品ですが、「オーガニック化粧品」と書いているからと言って全てが天然・有機栽培であるとは限りません。

食品の場合なら「有機JASマーク」でオーガニックか否かを判別できるのですが、化粧品の場合はまだ、その商品がオーガニックであると認証する機関がありません

日本では、オーガニック成分が使用されていれば「オーガニック化粧品」であり、配合量やその他の成分に関しては不問。極端なことを言うと、たった1%しかオーガニック成分を使っていないのだとしても「オーガニック化粧品」と名乗ることも可能なのです。

純度の高い
オーガニック化粧品がほしいときは…

純度が高いオーガニック化粧品を使いたい場合は、どうしたらよいのでしょうか。

日本のオーガニック化粧品にはまだ認証機関がないため、国内で純度の高いオーガニック化粧品を選ぶのは少々難しいでしょう。そこで、オーガニックコスメの認証機関がある海外の認証基準についてご紹介します。

知っておくべきは、ヨーロッパ諸国の「NaTrue」やフランスの「ECOCERT」、アメリカの「USDA」、ドイツの「BDIH」、イギリスの「SoilAssociation」など。高い審査基準が設けられていますので、これらのマークがついた化粧品は純度の高いオーガニック化粧品といえるでしょう。しかし、これらは100%オーガニック成分で作られた化粧品だと認証しているわけではありません。保存料など数%程度の化学成分を含有することは認められています。

より厳格なオーガニック化粧品を探したいなら、天然成分100%を基準にしているオーストラリアの「ACO」、イタリアの「SoCert」がおすすめです。

保存期間に気をつけましょう

オーガニック化粧品の天然成分の純度は高いに越したことはありませんが、ただ1点だけ「保存期間が短い」というデメリットを抱えています。肌に低刺激なオーガニック成分はすぐに傷んでしまうため、それを防ぐために保存料、防腐剤として化学成分を加えている場合があります

オーガニック化粧品を選んだはずなのに「保存期間を長持ちさせるため」という理由で配合された化学成分により肌に負担をかけてしまう可能性があるのです。

「オーガニック」という言葉で判断せず
どんな成分が入っているかに
目を向けてみましょう

「オーガニック」という売り文句を見て「肌に優しい化粧品なのだ」と判断してしまうと、実は肌に負担をかける化学成分がたくさん入った商品を知らずに使ってしまったり、保存料は天然成分なのに防腐ができることで「オーガニックじゃない」と言って良品を見逃したりすることもあります。

本当の意味でお肌に優しい化粧品を探すなら、成分表示をきちんと読み、どんな成分が使われている化粧品なのか見るくせをつけておきましょう。

お肌に優しい化粧品の配合成分
について詳しく見る

アイテム別に解説
肌に優しい化粧品の選び方

監修者
【監修者より】
知ってほしい、
研究員の思い。

化粧品をつくる側だからこそ、
本当に良い化粧品は何かを伝えたい。

直接お肌につけるものだからこそ、私たち研究員は「お肌に優しく、そしてお客様のお悩みにより添える商品」の開発を使命としています。世の中には、たくさんの化粧品があふれています。日々、研究に熱を注いでいるからこそ、お客様にはご自身の肌に合った商品を手に取ってほしい。そう、切に願っています。

このサイトをご覧になっている皆さんは、お肌をいたわる化粧品を探していらっしゃることでしょう。お肌の知識や、化粧品業界の事情から「お肌への優しさ」というテーマで解説させて頂きました。皆さんの化粧品選びに少しでもお役に立てれば幸いです。

           

本当に、肌に優しい化粧品を届けたい。
理想の化粧品をつくるため、
リソウは研究を続けています。

1995年に健康食品の原料メーカーとして創業。成分開発の技術を活かし“肌に優しい化粧品”として美容液「リペアジェル」を代表とするリペアシリーズを製造・販売しています。本当に肌へ良い成分を追求し、業界で不可能といわれた生のビタミンCを配合する技術を開発。良質な植物原料にもこだわり自社農園にて無農薬栽培も行っています。

リソウコーポレーション
の商品サイトへ