肌に優しい化粧品のガイドブック » 化粧品の研究員が語る本当に肌に優しい化粧品とは » その化粧品はホントに肌に優しい? » 無添加化粧品の選び方について

無添加化粧品の選び方について

最近は「防腐剤」や「着色料」などが使われていない無添加化粧品を選ぶ方が増えていますが、なんとなくで無添加化粧品を選ぶのはNG。実は「無添加」には明確な基準がないので、無添加化粧品でも肌に優しいとは限りません。無添加化粧品とは何か、注意が必要な成分などを研究員が解説しているので、化粧品選びにお役立てください。

監修者

【監修】私が解説します!

天然由来の基礎化粧品を開発しているメーカー「リソウコーポレーション」開発部門の研究員。
健康食品の原料メーカーでもあることから成分・原料開発の実績を活かし、素肌に優しい化粧品の開発を行っています。

≫リソウ・コーポレーションとは?

無添加化粧品とは?

無添加化粧品

無添加化粧品の「無添加」は、特定の成分を入れていないという意味を表しています。合成着色料を使っていなければ「合成着色料無添加」、アルコール不使用なら「アルコールフリー」などと表記され、無添加化粧品という形で販売されているのです。

もともと化粧品に使えるのは国が認めた成分だけでしたが、2001年の医薬品医療機器等法改正により基準が緩和され、指定成分以外は自由に配合できるようになりました。そのため、購入する側が製品を選べるように、全成分を表示することが義務付けられています。

無添加化粧品はなぜできたのか

1970年代、化粧品による肌トラブルが多くなり、改善するための施策として症例をもとに表示義務のある「表示指定成分」を選定したことがきっかけで、無添加化粧品という製品が出回るようになりました。

無添加化粧品の条件は、国が定めた「表示指定成分」を含んでいないこととされています。合成着色料や防腐剤などを含んでいない無添加化粧品は、肌が敏感な女性を含め多くの消費者からの評判が良く、安心・安全のイメージが定着しました。

より安全性や科学的根拠が重視される今でも、無添加化粧品と記載されているものは安心して使えると考える方が多くいます。

表示指定成分とは

1980年に厚生省(現:厚生労働省)がそれまでの症例を元に、アレルギーや接触性皮膚炎、発がんの可能性がある成分として定めた102種類の成分です。防腐剤、殺菌剤、紫外線吸収剤、酸化防止剤、合成界面活性剤、合成着色料、合成香料などから選ばれており、化粧品への明記が義務付けられていました。現在はもともとの102種類に香料を加えた103種類が指定されています。

2001年の医薬品医療機器等法改正に伴い全成分が記載されるようになったので、指定表示成分は廃止。現在は配合できない成分をまとめたネガティブリスト、配合量に規制があるポジティブリストが作成され、これまでのものは「旧表示指定成分」と呼ばれています。

参照元:[PDF]化粧品基準(厚生省告示第 331 号)|厚生労働省

無添加化粧品が人気を集める理由

無添加化粧品が人気の理由として、化学物質を使用していない製品が多いことが挙げられます。化粧品に含まれる化学物質は、赤みやかぶれ、色素沈着などを引き起こす可能性があるため、それらを配合していない無添加化粧品が好まれているのです。肌を整えるための化粧品が肌にダメージを与えているという症例があるため、化粧品が原因で肌トラブルになったり、オーガニックや環境汚染に関心がある方からの評価も高くなっています。

本当は無添加ではない!?

無添加化粧品

「無添加」には体に良くないものを入れていないというイメージがありますが、実際は「無添加」の基準が法律(薬機法)では明確に定まっていません。そのため、製造メーカーによって無添加とする成分は異なります。ある成分が無添加でも、他の成分が含まれている可能性はゼロではありません。

現在でも化粧品による皮膚障害は報告されていて、中には無添加化粧品によって肌トラブルが起こったケースもあります。無添加という言葉に惑わされず、何が入っていないのか、他に添加物は含まれていないかを確認しましょう。

「無添加=肌に優しい」ではない

無添加だからと言って、必ずしも肌に優しいとは限りません。防腐剤不使用でもアルコールや合成着色料が使われていたり、体質的にその化粧品が合わないこともあるからです。だからこそ、無添加化粧品だからという理由で選ぶのではなく、成分表示をしっかり確認しましょう。

無添加化粧品に使われている天然素材成分の中には、安全性が確立されていない成分や肌への負担が大きい成分もあります。知らずに使ってしまうと、逆に肌トラブルを引き起こす原因になりかねないので注意が必要です。

無添加化粧品のリスク

表記に無添加、天然素材使用などと書いていても、安易に購入するのはおすすめできません。なぜなら、使われている素材によっては抽出段階で防腐剤やアルコールなどが混ざってしまうからです。

たとえば植物エキスの中には、抽出に防腐剤やエタノール、BGなどを使っている場合があります。しかし、この防腐剤やエタノールなどは全成分表示でも記載する必要がありません(キャリーオーバー)。そのため、知らず知らずのうちに化学物質を使っている可能性があります。

また、素材によってはエキスの中に有効成分として旧指定表示成分が含まれているケースも。含まれる旧指定表示成分の量は制限を超えないように製造されているようですが、含まれていることは変わりません。

防腐剤は本当に入れないほうが良い?

多くの化粧品には防腐剤としてパラベンが含まれていますが、無添加化粧品では防腐剤を使わないとしてパラベンフリーをうたっている製品も多くあります。

しかし、防腐剤がないと微生物が繁殖しやすくなり、化粧品がいたみやすくなるのです。そのため、防腐剤を一切加えずに化粧品をつくる場合は冷蔵保管が基本。常温保管できる無添加化粧品は防腐効果を持つ他の成分が入っている可能性があります。

ただし、防腐剤を入れすぎるとアレルギーや皮膚炎を起こしやすくなったり、肌へ過度な刺激を与えてしまうことになったりとリスクも大きくなります。パラベンやアルコールなどが使用されている製品は、使用量に気を付けて使いましょう。

本当に優しい化粧品に出会うために
「全成分表示」を確認しましょう

「無添加」という言葉だけに注目して化粧品を選んでしまうと、本当は添加されるべき成分が無添加になっていたり、逆に本当は添加されて欲しくない物が添加されていたりする化粧品を買わされることがあります。

本当の意味で肌に優しい化粧品と出会うためには、使われている成分をよく理解し、「全成分表示」を確認してから選ぶ習慣をつけましょう。

お肌に優しい化粧品の配合成分
について詳しく見る

アイテム別に解説
肌に優しい化粧品の選び方

監修者
【監修者より】
知ってほしい、
研究員の思い。

化粧品をつくる側だからこそ、
本当に良い化粧品は何かを伝えたい。

直接お肌につけるものだからこそ、私たち研究員は「お肌に優しく、そしてお客様のお悩みにより添える商品」の開発を使命としています。世の中には、たくさんの化粧品があふれています。日々、研究に熱を注いでいるからこそ、お客様にはご自身の肌に合った商品を手に取ってほしい。そう、切に願っています。

このサイトをご覧になっている皆さんは、お肌をいたわる化粧品を探していらっしゃることでしょう。お肌の知識や、化粧品業界の事情から「お肌への優しさ」というテーマで解説させて頂きました。皆さんの化粧品選びに少しでもお役に立てれば幸いです。

           

本当に、肌に優しい化粧品を届けたい。
理想の化粧品をつくるため、
リソウは研究を続けています。

1995年に健康食品の原料メーカーとして創業。成分開発の技術を活かし“肌に優しい化粧品”として美容液「リペアジェル」を代表とするリペアシリーズを製造・販売しています。本当に肌へ良い成分を追求し、業界で不可能といわれた生のビタミンCを配合する技術を開発。良質な植物原料にもこだわり自社農園にて無農薬栽培も行っています。

リソウコーポレーション
の商品サイトへ