肌に優しい化粧品のガイドブック » 化粧品の研究員が語る本当に肌に優しい化粧品とは » 肌に優しい化粧品の選び方 » 肌に優しいUVクリームの選び方

肌に優しいUVクリームの選び方

今や紫外線対策はスキンケアに欠かせない存在。強い紫外線カット効果があるUVクリームは心強いですが、その反面で肌に大きな負担を与えるというリスクも抱えています。 UVクリームを選ぶなら、肌への優しさを重視するべき。肌に優しいUVクリームの選び方や、ポイントをチェックしていきましょう。

監修者

【監修】私が解説します!

天然由来の基礎化粧品を開発しているメーカー「リソウコーポレーション」開発部門の研究員。
健康食品の原料メーカーでもあることから成分・原料開発の実績を活かし、素肌に優しい化粧品の開発を行っています。

≫リソウコーポレーションとは?

一般的にUVクリームに入っている成分を知ろう

優しいUVクリームを探す際には、UVクリームに含まれている成分について知っておくと安心です。どんな成分があれば良いのか、リスクはないのか…簡単にチェックしていきましょう。

紫外線吸収剤

UVクリームと言えば紫外線吸収剤です。これは紫外線を1度吸収した後で、化学反応により熱エネルギーとして放出するための成分。

  • メリット

UVクリームとして肌に塗ったときに白っぽくならないことです。UVクリームを塗った後は肌が白くなることが多いですが、紫外線吸収剤の場合は塗ったかどうか見た目では分かりません。使用感もサラサラで心地良く、使いやすいのが特徴。紫外線B波を防ぐ効果が特に高いです。

  • デメリット

紫外線B波を防ぐことが得意ですが、対して紫外線A波を防ぐことは苦手です。また、紫外線吸収剤は時間が経つごとに効果が弱まるため、小まめに塗り直す必要も出てきます。また紫外線吸収剤は、吸収した紫外線を熱に変換する際、その化学反応で肌にダメージを与えることもあります。人によっては熱を感じたり、肌が乾燥することも。

紫外線錯乱剤

UVクリームによく含まれている成分として、紫外線錯乱剤という成分もあります。これは光の屈折を利用したUV成分で、肌に塗ることで紫外線を乱反射させ、肌に入り込むのを防いでくれます。

  • メリット

紫外線A波とB派、どちらも万遍なくカットしてくれるため、日焼け止めとしての効果は信頼できます。熱を放出させたり化学反応を起こしたりしないので、肌を乾燥させたり刺激を与えたりすることもありません。

  • デメリット

紫外線錯乱剤の原料は白い粉。そのため肌に塗ると白っぽくなり、目立ちやすくなります。白くなりやすいことから配合量も増やせないので、紫外線防衛効果はあまり高くない傾向も。

原材料は酸化亜鉛ですので、これが汗と反応すれば金属アレルギーを起こすリスクもあります。

肌に優しいUVクリームのポイントと選び方は?

SPFとPAが高ければ高いほど良いではない!

UVクリームのパッケージによく書かれている「SPF」や「PA」の数値。これらの数値が高いほど紫外線カット効果も高い…と思われがちですが、これは間違い。

ちなみにSPFと言うのは、紫外線B波を防ぐ値。PAと言うのが、紫外線A波を防ぐ値です。

これらの値が高ければどうなるかと言うと、紫外線カット効果が高くなる=肌への負担も大きくなります。

紫外線のカット率が高まるということは、肌に刺激を与える成分がたくさん含まれるということ。紫外線はカットできても、肌が荒れたり乾燥したりします。

大切なのは、用途に応じて最適なSPF値とPA値を持つUVクリームを使い分けること。目安としては、SPF30以下・PA++くらいが理想的です。

クレンジングの時の負担も考えてみましょう

UVクリームが肌に負担をかけると言われやすいのは、クレンジング時のことも含まれています。「1度つけると落ちにくい」というのは、つまりクレンジングでも落ちにくいということ。

落ちにくいUVクリームを落とすには強力なクレンジング剤が必要になるため、結果的に必要な分の皮脂まで洗い落としたり、刺激を与えて肌トラブルを起こしたりするリスクが高まるのです。

肌に優しいUVクリームを選ぶなら、クレンジング時の負担も考えましょう。洗顔だけで落ちるUVクリームを選ぶのも良いですし、美容・保湿成分がたっぷり含まれたクレンジング剤で、UVクリームを落とすときの負担を減らすのも良いですよ。

保湿効果や美容効果が高い日焼け止めも使い分けて

紫外線カット効果が高いのは大切ですが、紫外線から肌を守るときには、同時に肌のダメージを軽減することも大切です。すでに受けているダメージをケアできる成分が含まれているものを探しましょう。

特に石油由来系の成分は肌にダメージを与えがち。刺激的な成分はなしで、美容成分が配合されているUVクリームを選ぶと、スキンケア効果も期待できますよ。

【監修】リソウコーポレーションが取り扱っているUVクリーム

リペアUVクリーム

リペアUVクリーム
引用元:リソウコーポレーション公式サイト
(https://www.risou.com/product/repair-uv-cream/)

  • 40mL(約75日分)
  • 税抜4,000円(税込4,400円)

UVクリームは紫外線ダメージから肌を守ってくれるスキンケアアイテム。夏場はほとんど毎日肌に塗る必需品となるため、できれば肌への負担が少なく、クレンジングで落ちやすい物を選びたいですよね。

リペアUVクリームは、肌への優しさを第一に考えて開発された天然由来の日焼け止め兼化粧下地です。SPF30・PA++で、日常生活における紫外線から肌をしっかり守ってくれます。

また、同スキンケアシリーズの美容液「リペアジェル」と同じ成分が配合されていて、紫外線をカットしながらスキンケアできる優れもの。合成着色料や合成保存料(パラベン、フェノキシエタノール等)、合成香料や合成ポリマー、シリコンやディート(虫よけ剤)、鉱物油や石油系界面活性剤、アルコール、紫外線吸収剤、ナノ化した紫外線散乱剤などの添加物を使用していない、肌に優しい商品です。

ちなみに、夏場の紫外線だけでなく、スマホやパソコン、テレビといった私たちの日常から切っても切り離せないブルーライトも肌にダメージを与える要因。リペアUVクリームなら季節を問わずに毎日づかいできるでしょう。

クリアUVクリームOW

クリアUVクリームOW
引用元:リソウコーポレーション公式サイト
(https://www.risou.com/product/clear-uv-cream-ow/)

  • 40mL(約45~75日分)
  • 税抜4,000円(税込4,400円)

紫外線、ブルーライト、近赤外線などの太陽光線(※1)が与えるダメージから肌を守ってくれるUVクリームです。SPF30・PA+++とUVBやUVAの防止効果も高く、日焼け止めとしても非常に優秀。肌に塗布することで化粧膜のワンクッションができるため、PM2.5をはじめとする大気汚染物質が直接肌に付着するのを避けられます。

しっとりとしているのにベタつかない肌馴染みの良いテクスチャ。ベタつき感や白浮きの心配がないので、顔に使っても不快感なく、快適に使えるでしょう。

また、ユーカリシトリオドラ油、インドレモングラス油、ゲットウ葉エキスをオリジナルブレンドした「シトロネアロマ」を配合。柔らかく健やかな肌環境へと導いてくれます。天然由来成分をたっぷりと配合しており、合成着色料や合成保存料、鉱物油やシリコンなどの添加物は一切使用していません。肌に油分が付着しない「オイルinウォーター処方」のため、石鹸で簡単にオフできるのも嬉しいポイントです。

※1…太陽光線について

太陽光線は大きく3つの種類にわけられます。紫外線(UVA・UVB)、可視光線(ブルーライトなど)、そして赤外線(近赤外線など)です。ブルーライトは波長が短く強いエネルギーをもつ可視光線で、肌への浸透率はUVA波と同じくらい。近赤外線は、地表に届く太陽熱エネルギーのうち約半分を占める光(電磁波)で、UVA波よりも波長が長いのが特徴です。

  • 赤外線(近赤外線)…800~2,500nm
  • 可視光線(ブルーライト)…380~500nm
  • 紫外線(UVA)…320nm~400nm
  • 紫外線(UVB)…290nm~320nm

日本化粧品工業連合会にて、ブルーライト・近赤外線カット効果をレベル分けするような試験方法は定められていません。クリアUVクリームOWのブルーライト・近赤外線カット効果においても、独自の試験機関における試験基準にて測定しております。

春夏だけじゃない!秋冬のUVクリームの必要性

メイク前やお出かけ前のひと手間として日焼け止めを塗る習慣が付いていない人は、「紫外線対策は春と夏だけで大丈夫」と考えがちです。たしかに、秋冬は夏場と比較して肌の露出が少なく、外で遊ぶ機会も少なくなるでしょう。しかし、実は秋冬の紫外線対策を怠ると、肌は紫外線によるダメージを着実に受けてしまいます

紫外線にはUVAとUVBという2種類の紫外線が存在します。夏場に日焼けをすると肌が赤くなるのは、主にUVBによるもの。一方で、秋冬の日焼けの原因はUVAという紫外線の仕業です。UVAはUVBよりも波長が長く、車や家の中の窓ガラスを透過して肌に到達するので、「生活紫外線」とも呼ばれています。ゆっくりと肌ダメージを与えるため、気づかぬうちにしわ・しみ・くすみは増加してしまうでしょう。そうならないよう、秋冬も油断せずに紫外線対策を行う必要があるのです。

冬場の紫外線の量は夏場と比べて1/3程度のため、「冬は日焼けしにくい季節」というのは事実です。ただし、紫外線の量がゼロになる訳ではありません。ちなみに、雪は太陽光と一緒に紫外線も反射し、その量は通常の2倍に増えるため、スキー場などでレジャーを楽しむ人は特に警戒する必要です。ぜひ、日差しが強い春や夏だけでなく、秋冬にもUVクリームを塗って紫外線予防を始めてみてください。

紫外線が肌に与える影響

そもそも紫外線とは何なのか、知っていますか?まずは紫外線についてさらっとおさらいしましょう。

紫外線というのは、太陽から降り注ぐ直射日光に含まれている波長の1種です。赤外線でもなく可視光線よりも波長の短いもののことを紫外線と言い、これを浴びてしまうことで肌に悪影響が与えられます。

紫外線にはUV-A(A紫外線)とUB-B(B紫外線)があります。A紫外線は、浴びてしまうと30~50%が表皮を通過し、肌の奥まで突き進みます。日常生活のあらゆる場面で浴び、蓄積されていくことから「生活紫外線」と呼ばれることも。A紫外線を浴び続けると、一時的に皮膚が黒くなってしまい、真皮内の細胞にダメージを与えて肌を傷めてしまいます。

これに対して紫外線Bとは、大部分が表皮で散乱・吸収されるタイプのものです。海水浴やスキー、ゴルフなどのレジャーで受けることの多い紫外線ですね。B紫外線は浴びて数時間内には急激で大きなダメージが与えられ、炎症を起こしてヒリヒリする特徴があります。「レジャー紫外線」と呼ばれることもあり、肌が火傷した状態に。

本来なら肌の表面には、水分の蒸発を防いだり細菌や微生物などの侵入を防いだりするための「保護層」が存在します。ところが紫外線を浴びることで肌の皮脂が酸化してしまえば、角質や皮脂といった保護層の働きが弱まります。つまりバリア機能が低下してしまうのです。

また、紫外線には身体の防御機能を過剰反応させるというリスクもあります。紫外線を浴びてメラニン色素が発生するのは、肌の防御本能が働いた結果。ところが紫外線を強く浴びすぎると日焼けがさらに加速し、防御機能が過剰に引き起こされてしまいます。その結果、色素沈着やシミができてしまうのです。

紫外線は人の身体を構成している細胞に、直接ダメージを与えます。つまりほんの少しの間紫外線を浴びただけでも、DNAが破壊されてしまうのです。紫外線を浴びると、体内には「フリーラジカル」という、健康な細胞を傷つける分子が発生。その結果、細胞や遺伝子がダメージを受けてしまい、皮膚がんのリスクまで高まることもあるのです。

紫外線を浴びることは、単なる日焼けやシミといった見た目のリスクだけではなく、がんなど命の危険にまで繋がります。UVクリームを塗って、しっかり紫外線を予防しましょう。

監修者
【監修者より】
知ってほしい、
研究員の思い。

化粧品をつくる側だからこそ、
本当に良い化粧品は何かを伝えたい。

直接お肌につけるものだからこそ、私たち研究員は「お肌に優しく、そしてお客様のお悩みにより添える商品」の開発を使命としています。世の中には、たくさんの化粧品があふれています。日々、研究に熱を注いでいるからこそ、お客様にはご自身の肌に合った商品を手に取ってほしい。そう、切に願っています。

このサイトをご覧になっている皆さんは、お肌をいたわる化粧品を探していらっしゃることでしょう。お肌の知識や、化粧品業界の事情から「お肌への優しさ」というテーマで解説させて頂きました。皆さんの化粧品選びに少しでもお役に立てれば幸いです。

           

本当に、肌に優しい化粧品を届けたい。
理想の化粧品をつくるため、
リソウは研究を続けています。

1995年に健康食品の原料メーカーとして創業。成分開発の技術を活かし“肌に優しい化粧品”として美容液「リペアジェル」を代表とするリペアシリーズを製造・販売しています。本当に肌へ良い成分を追求し、業界で不可能といわれた生のビタミンCを配合する技術を開発。良質な植物原料にもこだわり自社農園にて無農薬栽培も行っています。

リソウコーポレーション
の商品サイトへ