肌に優しい化粧品のガイドブック » 化粧品の研究員が語る本当に肌に優しい化粧品とは » 肌に優しい化粧品の選び方 » 肌に優しい下地の選び方

肌に優しい下地の選び方

化粧下地は、それ以降のファンデーションをはじめ、あらゆるメイクのノリを良くする存在。化粧の土台づくりを担う他、肌を直接守る壁の役割も持っています。

長く肌と密着させる重要な存在だからこそ、お肌に優しい化粧下地の選び方を確認しておきましょう。

化粧下地が必要な理由とは?

まず知ってほしい化粧下地の大きな役割と言えば、肌を守ること。中には「化粧下地は要らない」という人もいますが、これは間違い。化粧下地はメイクをする上で欠かせない存在です。

化粧下地は肌とファンデーションの間でクッションの役割を果たし、肌に直接刺激が加わるのを防いでくれるのです。もちろん化粧下地には、シンプルに化粧ノリを良くするというメリットもあります。

直接肌と触れている時間が長いですし、毎日使う必需品ですから、肌への優しさ重視で下地を選んでいきましょう。

本当に肌に優しい下地の選び方

落としやすく肌への負担が少ないものを!

肌への優しさを重視して化粧品を選ぶなら、付けるときだけではなく、落とすときの負担もしっかり考えていきましょう。

落ちにくい化粧品は一見頼りがいがありますが、「落としにくい」=「強いクレンジングが必要」ということ。洗顔の際に洗浄力の強い成分を使ったり、肌をゴシゴシ擦ったりしてしまいます…。

落としやすい化粧品であれば、洗顔時の肌へのダメージは少なめ。加えて化粧品が肌に残るリスクも減らせるため、肌トラブルも防ぐことができます。

美容・保湿成分が入っている下地を選ぶ

化粧下地には、美容・保湿成分がたっぷり含まれたものを選びましょう。肌の潤いは加齢や外出など、あらゆる場面で失われています。水分の蒸発を防ぎ、いつも潤いを与え続けられるような化粧下地だと、メイクをしながらスキンケア効果も得られます。

おすすめの美容・保湿成分は「スクワラン」「グリセリン」「コラーゲン」です。

スクワランは美容オイルの1種類です。浸透性が高く安全性がとても高いので、肌質を問わず保湿成分として使えます。

グリセリンは吸水性・安全性に優れた保湿成分のこと。化粧水にはもちろん、食品などにも幅広く使われている成分です。

コラーゲンは肌の潤いを保つ成分のこと。加齢やホルモンバランスにより減少していくため、化粧品などで外部から摂取するのが理想的。

化粧下地を選ぶ際は、これらの成分が含まれているかをよく確認してみてください。特にグリセリンとコラーゲンは相性が良いので、2つ一緒に含まれているものを探してみましょう。

UV効果がある下地選びが重要!

紫外線は肌トラブルを招く大きな要因の一つ。目に見えない紫外線は年中無休で降り注いでいますから、化粧下地にもUV効果が含まれていると安心です。

日常生活で紫外線を防ぐなら、SPF30/PA++程度のものでOK。ただし紫外線吸収剤は肌質によっては刺激にもなり得るので、ノンケミカルのものを使用しましょう。

監修者
【監修者より】
知ってほしい、
研究員の思い。

化粧品をつくる側だからこそ、
本当に良い化粧品は何かを伝えたい。

直接お肌につけるものだからこそ、私たち研究員は「お肌に優しく、そしてお客様のお悩みにより添える商品」の開発を使命としています。世の中には、たくさんの化粧品があふれています。日々、研究に熱を注いでいるからこそ、お客様にはご自身の肌に合った商品を手に取ってほしい。そう、切に願っています。

このサイトをご覧になっている皆さんは、お肌をいたわる化粧品を探していらっしゃることでしょう。お肌の知識や、化粧品業界の事情から「お肌への優しさ」というテーマで解説させて頂きました。皆さんの化粧品選びに少しでもお役に立てれば幸いです。

           

本当に、肌に優しい化粧品を届けたい。
理想の化粧品をつくるため、
リソウは研究を続けています。

1995年に健康食品の原料メーカーとして創業。成分開発の技術を活かし“肌に優しい化粧品”として美容液「リペアジェル」を代表とするリペアシリーズを製造・販売しています。本当に肌へ良い成分を追求し、業界で不可能といわれた生のビタミンCを配合する技術を開発。良質な植物原料にもこだわり自社農園にて無農薬栽培も行っています。

リソウコーポレーション
の商品サイトへ