肌に優しい化粧品のガイドブック » 化粧品の研究員が語る本当に肌に優しい化粧品とは » 肌に優しい化粧品の選び方 » 肌に優しいファンデーションの選び方

肌に優しいファンデーションの選び方

ファンデーションは肌の質感や色の美しさを左右する重要な存在。1日中つけているアイテムだからこそ、肌に優しい商品を選びたいと思う方は少なくないでしょう。肌に長時間つけていても安心できる、肌に優しいファンデーションの選び方をご紹介します。

監修者

【監修】私が解説します!

天然由来の基礎化粧品を開発しているメーカー「リソウコーポレーション」開発部門の研究員。
健康食品の原料メーカーでもあることから成分・原料開発の実績を活かし、素肌に優しい化粧品の開発を行っています。

≫リソウコーポレーションとは?

本当に肌に優しい
ファンデーションの選び方

1.石油由来の成分に注意

ファンデーション

ファンデーションが肌に負担をかけてしまう大きな原因は、石油由来の成分が含まれているからです。特に次のような石油由来成分の含まれているファンデーションは要注意です。

  • 防腐剤(メチルパラベン)

    開封後もファンデーションの品質を長持ちさせたり、様々なショップで品質管理したりするために必要な防腐剤。しかし、メチルパラベンはタンパク質に影響を与え、肌のターンオーバーを乱し、肌トラブルを起こしてしまうリスクも。ターンオーバーが乱れた肌は、保湿力がなくなったりダメージに敏感になるなどして、乾燥肌や敏感肌になってしまう危険があります。

  • 紫外線吸収剤
    (ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシルなど)

    紫外線吸収剤は、紫外線を一度自分の肌の中に取り込むことで化学反応を起こさせ、それによって紫外線の熱を外に放出し、内部への浸透を防ぐことができます。しかし、その化学反応が肌に刺激を与え、肌が乾燥したり、赤くなったりするなど、負担をかける可能性があります。

2.天然由来の
ファンデーションがおすすめ

ファンデーションを選ぶ際には、肌への負担を減らすためにも、石油由来成分が使われていないものを見つけましょう。天然の植物由来やミネラルからなる成分で作られたファンデーションがおすすめです。

例えば天然のUVカット成分なら、ミネラル成分の「酸化チタン」や「酸化亜鉛」がおすすめ。紫外線を反射、散乱させることで、肌を守ります。その上、植物由来で美容効果が高い成分が入っているものを選ぶことで、美容成分が肌に良い影響を与え、肌のコンディションを整えてくれる効果が期待できるのでおすすめ。ただし、天然由来のものだけで作られた化粧品は石油由来の防腐剤や安定剤の力がないため、消費期限が早まる点は要注意です。

3.薄づきながらカバー力のあるものを選ぶ

いくら肌に優しい成分で構成されているとしても、ファンデーションの重ね塗りは肌に負担をかけてしまいます。ファンデーション選びは成分の他にも、薄づきでカバー力があるかどうかを確認してください。マットな質感よりも自然な色ツヤを出してくれる、ナチュラルメイクに向いたものがおすすめです。ソフトフォーカス効果により、毛穴や凹凸を目立たなくカバーしてくれますよ。

他の肌に優しい
化粧品アイテムの選び方

監修者
【監修者より】
知ってほしい、
研究員の思い。

化粧品をつくる側だからこそ、
本当に良い化粧品は何かを伝えたい。

直接お肌につけるものだからこそ、私たち研究員は「お肌に優しく、そしてお客様のお悩みにより添える商品」の開発を使命としています。世の中には、たくさんの化粧品があふれています。日々、研究に熱を注いでいるからこそ、お客様にはご自身の肌に合った商品を手に取ってほしい。そう、切に願っています。

このサイトをご覧になっている皆さんは、お肌をいたわる化粧品を探していらっしゃることでしょう。お肌の知識や、化粧品業界の事情から「お肌への優しさ」というテーマで解説させて頂きました。皆さんの化粧品選びに少しでもお役に立てれば幸いです。

           

本当に、肌に優しい化粧品を届けたい。
理想の化粧品をつくるため、
リソウは研究を続けています。

1995年に健康食品の原料メーカーとして創業。成分開発の技術を活かし“肌に優しい化粧品”として美容液「リペアジェル」を代表とするリペアシリーズを製造・販売しています。本当に肌へ良い成分を追求し、業界で不可能といわれた生のビタミンCを配合する技術を開発。良質な植物原料にもこだわり自社農園にて無農薬栽培も行っています。

リソウコーポレーション
の商品サイトへ