肌に優しい化粧品のガイドブック » 化粧品の研究員が語る本当に肌に優しい化粧品とは » 肌に優しい化粧品の選び方 » 肌に優しい洗顔の選び方

肌に優しい洗顔の選び方

お肌の美しさと健康を保つスキンケアの、中心部分とも言える洗顔フォーム。汚れを取りつつも刺激を与えない…その難しいさじ加減を満たした、お肌に優しい洗顔フォームの選び方をご紹介していきます。

監修者

【監修】私が解説します!

天然由来の基礎化粧品を開発しているメーカー「リソウコーポレーション」開発部門の研究員。
健康食品の原料メーカーでもあることから成分・原料開発の実績を活かし、素肌に優しい化粧品の開発を行っています。

≫リソウコーポレーションとは?

本当に肌に優しい洗顔フォームの選び方

肌に負担をかけやすい成分が入っているものを避ける

お肌に刺激を与えてしまう成分と言えば、石油由来の成分である「シリコン」「パラベン」や、合成香料、アルコール、サリチル酸といったものです。これらはお肌に刺激を与えるため、肌荒れや乾燥肌、吹き出物などの肌トラブルに繋がる要因。成分表に名前がないか要チェックです。

また、泡立て不要タイプの洗顔フォームにも注意。最初から泡の状態で出てくるので便利ですが、泡の状態にするために、不純物である発泡成分が添加されているのです。この不純物によって肌を刺激するリスクがあります。

保湿成分が配合されるものを選ぶ

洗顔フォーム選びで気をつけたいのは、肌の乾燥です。洗顔は肌を清潔に保つかわりに、本来肌を潤すための皮脂まで洗い落としてしまいかねません。そのため洗顔後には肌が乾燥してしまうのです。洗顔の際に肌がつっぱるのを感じた人は、まさにその乾燥の段階にあります。

普段のスキンケアで肌を保湿するのはもちろん大切ですが、洗顔フォームでもしっかり肌を保湿することはできます。不要な汚れを取り除きつつ、保湿成分で肌に潤いを与え、みずみずしい状態に導いてくれるものを選びましょう。

おすすめの保湿成分は「グリセリン」や「アミノ酸」。グリセリンは種子植物や海藻類などに含まれている、天然の保湿成分です。保湿剤としての効果はもちろんのこと、吸湿性にも優れているため、水分を肌に引き寄せる効果も期待できます。洗顔料に含まれていれば、洗顔と一緒に肌の保湿問題まで解決できちゃいます。

アミノ酸は敏感肌の人にも優しい、肌に刺激を与えないマイルドな洗浄力を持つ成分です。洗顔で肌に刺激を与えるのを防ぎ、文字通り「優しい洗顔」が実現できます。

本当に肌に優しい洗顔方法とは?

洗顔の際、どんな手順・どんな手つきで顔を洗うか意識していますか?洗顔方法にも実は間違ったやり方があります。

  • 洗顔の際に指の力を使って汚れを落とすこと
  • 朝は洗顔をしないこと

この2つはNG行為です。指の力を使うと、汚れを落とすどころか摩擦で肌に刺激を与え、敏感肌や乾燥肌を招いてしまいます。正しいのは、キメ細かな泡をつくって、毛穴の細部を泡の力で洗浄すること。泡を手の上で転がすように洗うのが大切。

また、洗顔は夜のみで朝はしない、というのも×。眠っている間にこそ、顔には皮脂汚れが溜まっています。これらを洗い流さないでいると、汚れが酸化して黒ずみやくすみ、毛穴詰まりになることに…。朝はせめて皮脂の分泌が多いTゾーンだけでも、洗顔する習慣をつけましょう。お湯よりはぬるま湯の方が、肌に負担をかけないのでおすすめです。

正しい洗顔のコツは、濃密な泡をつくることです。泡がきめ細かいほど摩擦を防ぎ、汚れを吸着します。しっかり泡立てて、手を逆さにしても落ちないくらいの泡をつくりましょう。 泡の力だけで洗うのが理想なので、いっそ手は触れないくらいに、泡だけを転がして顔を洗いましょう。すすぎの際はぬるま湯がベスト。温度が高いと肌の乾燥が悪化するので、30~34度くらいを目指してください。

肌に優しい洗顔法

  1. 洗顔料をよく泡立て、手を逆さにしても落ちないくらいにきめ細かくする
  2. 泡を顎に乗せた後、鼻・額などのTゾーンを泡を転がして洗う
  3. 左右の生え際から顎にかけてのUゾーンを、泡を転がして洗う
  4. 顔全体に泡を行き届かせ、泡をジグザグに転がしたりして、優しく洗う
  5. ぬるま湯で泡を溶かすように優しくすすぐ。念入りに何回もぬるま湯ですすぐ
監修者
【監修者より】
知ってほしい、
研究員の思い。

化粧品をつくる側だからこそ、
本当に良い化粧品は何かを伝えたい。

直接お肌につけるものだからこそ、私たち研究員は「お肌に優しく、そしてお客様のお悩みにより添える商品」の開発を使命としています。世の中には、たくさんの化粧品があふれています。日々、研究に熱を注いでいるからこそ、お客様にはご自身の肌に合った商品を手に取ってほしい。そう、切に願っています。

このサイトをご覧になっている皆さんは、お肌をいたわる化粧品を探していらっしゃることでしょう。お肌の知識や、化粧品業界の事情から「お肌への優しさ」というテーマで解説させて頂きました。皆さんの化粧品選びに少しでもお役に立てれば幸いです。

           

本当に、肌に優しい化粧品を届けたい。
理想の化粧品をつくるため、
リソウは研究を続けています。

1995年に健康食品の原料メーカーとして創業。成分開発の技術を活かし“肌に優しい化粧品”として美容液「リペアジェル」を代表とするリペアシリーズを製造・販売しています。本当に肌へ良い成分を追求し、業界で不可能といわれた生のビタミンCを配合する技術を開発。良質な植物原料にもこだわり自社農園にて無農薬栽培も行っています。

リソウコーポレーション
の商品サイトへ