肌に優しい化粧品のガイドブック » お肌に優しい化粧品の成分とは? » 化粧品に含まれる
コエンザイムQ10の効果とその特徴

化粧品に含まれる
コエンザイムQ10の効果とその特徴

かつては「ビタミンQ」と呼ばれていた補酵素のひとつ、コエンザイムQ10。ここでは美容成分として注目されているコエンザイムQ10の特徴や効果を詳しく紹介していきます。

コエンザイムQ10とは?

コエンザイムQ10は補酵素の一種で、ビタミンQのほかユビキノン補酵素Qなどさまざまな別名を併せ持っています。美容成分として化粧品やサプリメントなどに用いられており、しわ対策をはじめとするエイジングケアや疲労軽減、加齢臭対策などの領域で注目を集めてきました。名前を耳にするようになって久しいですが、この成分が実用化され医療用医薬品として国内で使用され始めてから50年近くになります。(※1)

私たちの身体は無数の細胞によって構成されており、コエンザイムQ10は細胞の中にあるミトコンドリアという器官に多く存在します。ミトコンドリアは食事で摂取した栄養をエネルギーに変換する大切な役割を持っていますが、コエンザイムQ10はその変換作業の動力源。つまりコエンザイムQ10がないとエネルギーを生み出せないのです。

参照元:【PDF】藤井健志(2019)『還元型コエンザイムQ10 による臨床効果(シンポジウムⅠ「バイオファクターについて考える~生合成・代謝と機能性発現機構を再考する~」)』(https://www.jstage.jst.go.jp/article/vso/93/4/93_160/_pdf)

コエンザイムQ10の肌への効果

それでは、コエンザイムQ10が持っている肌への効果を具体的にみていきましょう。

エイジングケア

老化の主な原因は、身体内で発生する活性酸素。しみやしわ、たるみ、くすみといった年齢肌の根本的な原因も活性酸素にあります。コエンザイムQ10のビタミンに似た働きがもたらすと言われている作用は細胞に老化をもたらす活性酸素を取り除くというもの。老化現象として肌に現れる症状を抑え、健康的な肌を維持するのに一役買ってくれそうです。

新陳代謝の向上

コエンザイムQ10は細胞の再生サイクルを促進し、新陳代謝を高める作用があると考えられています。肌が新たに生まれ変わるターンオーバーが正常に機能すれば、若々しい肌を維持することもできるでしょう。

糖質や脂肪の燃焼促進

コエンザイムQ10はミトコンドリアがエネルギーを産生するための動力源。エネルギーは糖質や脂肪の燃焼によってつくられるため、ミトコンドリアが活発になれば巡り巡ってダイエット効果につながるとも捉えられます。美肌とダイエットという一石二鳥の効果を期待できるのは、コエンザイムQ10という美容成分ならではといえるでしょう。

食べ物よりも化粧品が効果的?

コエンザイムQ10は食べ物からも摂取できますが、実際に肌に届くのはほんのわずか。そのためコエンザイムQ10含有の化粧品を使って肌に直接与えるほうが効率的だと考えられています。化粧品はさまざまなタイプがありますが、成分が凝縮された高配合の美容液を選ぶようにしましょう。

監修者
【監修者より】
知ってほしい、
研究員の思い。

化粧品をつくる側だからこそ、
本当に良い化粧品は何かを伝えたい。

直接お肌につけるものだからこそ、私たち研究員は「お肌に優しく、そしてお客様のお悩みにより添える商品」の開発を使命としています。世の中には、たくさんの化粧品があふれています。日々、研究に熱を注いでいるからこそ、お客様にはご自身の肌に合った商品を手に取ってほしい。そう、切に願っています。

このサイトをご覧になっている皆さんは、お肌をいたわる化粧品を探していらっしゃることでしょう。お肌の知識や、化粧品業界の事情から「お肌への優しさ」というテーマで解説させて頂きました。皆さんの化粧品選びに少しでもお役に立てれば幸いです。

           

本当に、肌に優しい化粧品を届けたい。
理想の化粧品をつくるため、
リソウは研究を続けています。

1995年に健康食品の原料メーカーとして創業。成分開発の技術を活かし“肌に優しい化粧品”として美容液「リペアジェル」を代表とするリペアシリーズを製造・販売しています。本当に肌へ良い成分を追求し、業界で不可能といわれた生のビタミンCを配合する技術を開発。良質な植物原料にもこだわり自社農園にて無農薬栽培も行っています。

リソウコーポレーション
の商品サイトへ