肌に優しい化粧品のガイドブック » お肌に優しい化粧品の成分とは? » 化粧品に含まれるカンゾウエキスの効果とその特徴

化粧品に含まれるカンゾウエキスの効果とその特徴

非常に幅広い効果を持つため、生薬のオールラウンドプレーヤーとも呼ばれるカンゾウ。医薬品として耳にしたことはあっても、美容分野でカンゾウの働きを知っている方は少ないのではないでしょうか。ここでは、カンゾウエキスの特徴や効果を詳しく説明していきます。

カンゾウとは?

カンゾウは漢字で書くと「甘草」。最大で70cm程度の高さに成長する多年草で太く長い根を四方に伸ばします。6月~7月頃から花をつけ始め次いで実もなりますが、生薬として利用されるのはの部分。乾燥させたものを用います。

生薬の特性として緊張を緩和させる作用を持ち、鎮痛や解毒、咳などに効果を発揮。主成分はショ糖の150倍の甘さを持つグリチルリチン酸で、漢方薬を調和する目的でもさまざまな処方に含まれます。このほか炎症を緩和する作用も大きな特徴で、のどの風邪に用いる市販薬にもカンゾウがしばしば含まれています。

美容成分としてのカンゾウエキス

カンゾウから抽出されたカンゾウエキスは、研究によって美白作用や抗炎症作用、保湿、体脂肪減少などの効果があることがわかってきました。カンゾウエキスに含まれる成分の中でも、グラブリジンやグラブレンという油溶性の有効成分に美白効果があると考えられています。グラブリジンは体脂肪を減らす栄養食品としても注目されていますが、ここで注目したいのはメラニンを生成するチロシナーゼという酵素を抑制し、しみができるのを防ぐと言われている点です。この作用は本サイトでも取り上げている「コウジ酸」と似ているかもしれません。

カンゾウエキスにはリコカルコンAというポリフェノールも含まれており、グラブリジンと同じようにチロシナーゼを抑えるはたらきがあります。

カンゾウエキスを含む化粧品

カンゾウエキスは美白効果をうたう化粧品をはじめ、肌荒れや敏感肌、ニキビ肌用の化粧品に多く含まれています。また頭皮のかゆみや炎症がある人向けのシャンプーや頭皮用ローションでもしばしば見かけるでしょう。カンゾウの主成分であるグリチルリチン酸が持つ抗炎症作用がかゆみにアプローチできるのではと期待されているとうかがえますね。

化粧品を選ぶコツ

最近ではカンゾウエキス原液という表示の商品も多く見られますが、その抽出方法には注意を払いましょう。例えば水抽出では油溶性の美白成分グラブリジンなどが得られません。美白を目指すことが目的の場合は、グラブリジンやリコカルコンAが含まれていることが明記された商品を選びたいですね。

監修者
【監修者より】
知ってほしい、
研究員の思い。

化粧品をつくる側だからこそ、
本当に良い化粧品は何かを伝えたい。

直接お肌につけるものだからこそ、私たち研究員は「お肌に優しく、そしてお客様のお悩みにより添える商品」の開発を使命としています。世の中には、たくさんの化粧品があふれています。日々、研究に熱を注いでいるからこそ、お客様にはご自身の肌に合った商品を手に取ってほしい。そう、切に願っています。

このサイトをご覧になっている皆さんは、お肌をいたわる化粧品を探していらっしゃることでしょう。お肌の知識や、化粧品業界の事情から「お肌への優しさ」というテーマで解説させて頂きました。皆さんの化粧品選びに少しでもお役に立てれば幸いです。

           

本当に、肌に優しい化粧品を届けたい。
理想の化粧品をつくるため、
リソウは研究を続けています。

1995年に健康食品の原料メーカーとして創業。成分開発の技術を活かし“肌に優しい化粧品”として美容液「リペアジェル」を代表とするリペアシリーズを製造・販売しています。本当に肌へ良い成分を追求し、業界で不可能といわれた生のビタミンCを配合する技術を開発。良質な植物原料にもこだわり自社農園にて無農薬栽培も行っています。

リソウコーポレーション
の商品サイトへ