肌に優しい化粧品のガイドブック » お肌に優しい化粧品の成分とは? » 化粧品に含まれるコウジ酸の効果とその特徴

化粧品に含まれるコウジ酸の効果とその特徴

納豆といった発酵食品やお酒に広く使われ、日本の食生活になじみがある麹(こうじ)。その麹に含まれるコウジ酸に美白効果があるのではと注目を集めています。

コウジ酸とは?

天然由来成分であるコウジ酸が日本で発見されたのは1907年のこと。研究が進んだきっかけは麹を扱う杜氏さん(酒造り職人)の手が白く美しいからだったとか。1988年には美白成分として厚生労働省に医薬部外品の認可を受け、日焼けによるしみやそばかすを防ぐ目的で化粧水や乳液、美容液などに利用されています。

美白を目指せるメカニズム

コウジ酸はどのように美白をもたらすのでしょう。

しみやそばかすへのアプローチ

しみやそばかすの原因として知られあまりいいイメージを持たれないメラニン。実は肌や髪の色のもとであるほか、外部の刺激から肌を守る役割を持っています。本来は肌の代謝によって必要な量を超えたメラニンは自然に排出されるのですが、紫外線の影響やホルモンバランスの乱れで過剰に生成されてしまうと、肌に蓄積してしみやそばかすとなるのです。

メラニンを生成するのはチロシナーゼという酵素ですが、コウジ酸にはこのチロシナーゼの働きを抑える作用があるとされています。またメラニン生成のきっかけとなる活性酸素の発生や炎症、情報伝達物質の産生を先回りして抑えるかのように、原因となる色素細胞に直接働きかけてくれるのです。このようなコウジ酸のはたらきが過剰なメラニン生成を食い止めてしみやそばかすを防ぐため、肌を美白に導くと注目を集めています。

しわやたるみへのアプローチ

紫外線が肌にもたらすダメージはしみやそばかすだけではありません。紫外線によって肌に炎症が起こると活性酸素が産生され、コラーゲンが減少し肌の弾力性が失われ、しわたるみの原因にもなります。

コウジ酸には炎症を防いで活性酸素の産生を抑制する作用があるとされており、白い肌を目指せると同時に肌のハリや弾力性を守る作用も期待できそうです。

くすみへのアプローチ

加齢とともに肌が黄色くくすんでいく原因は「糖化」という現象が影響していると考えられています。

身体に存在するコラーゲンをはじめとするたんぱく質が、摂取した糖分と結合することを糖化といいます。糖化自体は誰にでも起こる自然な反応ですが、問題はその際につくられる「AGEs(エージーイーズ)」という物質です。AGEsは加齢とともに肌に蓄積しやすくなり、肌が黄色くにごったような色味に。これが「黄ぐすみ」と呼ばれるものです。コウジ酸にはAGEsの産生を抑える働きがあるとされており、結果として肌を明るくする効果をもたらすと35年以上にもわたる臨床試験で明らかになっています。

参照元:CiNii論文伊賀 和宏・他 (2015)『コウジ酸の顔面黄ぐすみに対する改善効果』(https://ci.nii.ac.jp/naid/130005101064) 2020年03月03日アクセス

監修者
【監修者より】
知ってほしい、
研究員の思い。

化粧品をつくる側だからこそ、
本当に良い化粧品は何かを伝えたい。

直接お肌につけるものだからこそ、私たち研究員は「お肌に優しく、そしてお客様のお悩みにより添える商品」の開発を使命としています。世の中には、たくさんの化粧品があふれています。日々、研究に熱を注いでいるからこそ、お客様にはご自身の肌に合った商品を手に取ってほしい。そう、切に願っています。

このサイトをご覧になっている皆さんは、お肌をいたわる化粧品を探していらっしゃることでしょう。お肌の知識や、化粧品業界の事情から「お肌への優しさ」というテーマで解説させて頂きました。皆さんの化粧品選びに少しでもお役に立てれば幸いです。

           

本当に、肌に優しい化粧品を届けたい。
理想の化粧品をつくるため、
リソウは研究を続けています。

1995年に健康食品の原料メーカーとして創業。成分開発の技術を活かし“肌に優しい化粧品”として美容液「リペアジェル」を代表とするリペアシリーズを製造・販売しています。本当に肌へ良い成分を追求し、業界で不可能といわれた生のビタミンCを配合する技術を開発。良質な植物原料にもこだわり自社農園にて無農薬栽培も行っています。

リソウコーポレーション
の商品サイトへ