肌に優しい化粧品のガイドブック » お肌に優しい化粧品の成分とは? » 化粧品に含まれる
グリセリンの効果とその特徴

化粧品に含まれる
グリセリンの効果とその特徴

多くの化粧品に配合されているのが「グリセリン」です。化粧品にも重宝されている保湿成分ですが、どのような特徴や効果があるのか見ていきましょう。

監修者

【監修】私が解説します!

天然由来の基礎化粧品を開発しているメーカー「リソウコーポレーション」開発部門の研究員。
健康食品の原料メーカーでもあることから成分・原料開発の実績を活かし、素肌に優しい化粧品の開発を行っています。

≫リソウコーポレーションとは?

保湿成分の定番!グリセリンとは?

化粧品・食品・医薬品などに使われているグリセリン。「グリセロール」とも呼ばれているアルコールの一種です。パームやヤシに多く含まれており、人間の体にも中性脂肪として存在しています。

水へのなじみやすさや吸湿性、物質をやわらかくする性質があることから、化粧水・乳液に使われることが多い成分です。薬局で手に入るものなので、自分で化粧水をつくるアイテムとしても大活躍。また、水に混ぜると熱が発生するのも特徴で、「温感クレンジング」として使用されることもあります。

甘味料として食品に使われることもあり、幅広い用途が特徴です。生活の中で見ないという日は無いのではないでしょうか。

グリセリンが肌に優しい理由

水分と油分のバランスが崩れると、肌のバリア機能が弱まってしまいます。そのため敏感肌・乾燥肌の方が肌荒れを防ぐためには、保湿が第一。グリセリンは保湿性の高い成分なので、肌に優しい成分なのです。

安全性も高いと言われているグリセリン。ある実験によると、皮ふへの刺激、アレルギー性などがほとんどないと証明されました。ウサギやモルモットなどの動物試験だけでなく、人での試験も行っています。数人には反応が出たものの、大多数の方は皮ふへの悪い影響は現れなかったようです。[※1]

肌に負担をかけることなく、保湿をしてバリアを張ってくれる、まさに敏感肌の味方のような成分です。

[※1]…Cosmetic Ingredient Review|Safety Assessment of Glycerin as Used in Cosmetics[PDF]

要注意!天然由来と石油由来の違い

メリットが多いグリセリンですが、実際に石油をもとに作られた合成グリセリンとパーム油やヤシの実で作られた天然グリセリンがあります。

石油由来のグリセリンは純度が高く、医療品に使われています。吸湿性が高いグリセリンは、空気中の水分を吸収して肌にうるおいを与えてくれるもの。濃度が10%を超えるものを使用している場合、大気が乾燥している時には肌から水分を奪ってしまう可能性もあるのです。また長い間に使用し続けることで敏感肌や乾燥肌になる恐れがあるので、避けた方が無難でしょう。

ほとんどの化粧品には植物性が使われていますが、化粧品を購入する前にパッケージにある成分表示やメーカーのホームページをチェックしておくのがベストです。

植物性グリセリンと
その効能

植物性グリセリンの元は、パーム油やヤシの実などの中性脂肪。市販の化粧品はほとんど植物由来で、肌に負担をかけないように配合されています。デメリットを最小限にして、グリセリンを有効活用できるのです。

グリセリンの効果は、大きく分けて二つ挙げられます。

一つめは、大気から湿気を吸い取る性能で保湿効果が期待できること。肌が乾燥すると、カサカサ・ゴワゴワになりがちですよね。この状態だと肌の表面にある角質層がかたくなり、放っておくと細かなシワができてしまいます。グリセリンを肌に与えると、硬くなった角質が柔らかくなり、カサカサ肌がうるうるに。角質層の水分量が上がると乾燥が原因の小ジワ対策にもつながります。「以前より肌が乾燥しやすくなってきた」「目元の細かなシワが気になってきた」という方におすすめです。

二つめは、毛穴汚れが落ちやすくなること。水を混ぜると熱が発する性質を利用して、肌を温めて毛穴を広げてくれます。毛穴に入り込んだ汚れや酸化した皮脂を落とすことができ、クレンジングなどにも応用されています。

美容面はもちろん、医薬品にも広く使われているグリセリンは肌質を問いません。敏感肌の方も安心して使えますね。

アイテム別に解説
肌に優しい化粧品の選び方

監修者
【監修者より】
知ってほしい、
研究員の思い。

化粧品をつくる側だからこそ、
本当に良い化粧品は何かを伝えたい。

直接お肌につけるものだからこそ、私たち研究員は「お肌に優しく、そしてお客様のお悩みにより添える商品」の開発を使命としています。世の中には、たくさんの化粧品があふれています。日々、研究に熱を注いでいるからこそ、お客様にはご自身の肌に合った商品を手に取ってほしい。そう、切に願っています。

このサイトをご覧になっている皆さんは、お肌をいたわる化粧品を探していらっしゃることでしょう。お肌の知識や、化粧品業界の事情から「お肌への優しさ」というテーマで解説させて頂きました。皆さんの化粧品選びに少しでもお役に立てれば幸いです。

           

本当に、肌に優しい化粧品を届けたい。
理想の化粧品をつくるため、
リソウは研究を続けています。

1995年に健康食品の原料メーカーとして創業。成分開発の技術を活かし“肌に優しい化粧品”として美容液「リペアジェル」を代表とするリペアシリーズを製造・販売しています。本当に肌へ良い成分を追求し、業界で不可能といわれた生のビタミンCを配合する技術を開発。良質な植物原料にもこだわり自社農園にて無農薬栽培も行っています。

リソウコーポレーション
の商品サイトへ