肌に優しい化粧品のガイドブック » お肌に優しい化粧品の成分とは? » 化粧品に含まれるフラーレンの効果とその特徴

化粧品に含まれるフラーレンの効果とその特徴

美白や保湿効果、シワやニキビの改善など、エイジングケアの効果があるというフラーレン。具体的にどのような美容効果が期待できるのか、その特徴や作用について紹介します。

フラーレンとは

フラーレンはカーボンでつくられた分子で、ひらたくいってしまえば「炭(すみ)」です。エイジングケアの効果がある成分とされ、近年注目を集めています。その特徴は「抗酸化力」であり、老化を促進する酸化を防ぐ力はビタミンCの約170倍以上ともいわれるほど。美白、保湿、シワやニキビの改善のほか、毛穴の目立ちや肌の赤みなど、幅広い肌トラブルに加えてヘアケアやスカルプケアにも効果が期待できるようです。

どうして酸化が起こるの?

肌の老化の原因である酸化。大きく2つの原因があります。1つ目は紫外線や大気汚染、乾燥といった自然界からの外的な要因。2つ目は喫煙や飲酒、運動不足など、自分自身が原因の内的な要因です。これによって活性酸素の働きが活発化し、酸化によってシミやシワ、皮脂の過剰分泌など、さまざまな肌トラブルを引き起こします。

紫外線予防や禁煙など、生活スタイルを見直すことである程度予防できる要素もありますが、これらに加えてフラーレンの抗酸化成分でカバーできればさらに効果的です。

効果の持続力もフラーレンの強み

高い「抗酸化作用」がフラーレンの特徴ですが、それが持続するというのも強みです。これまでにも抗酸化成分を含んだ化粧品は多くありましたが、その抗酸化成分自体が活性酸素の攻撃を受けて肌細胞の代わりに酸化していたわけです。そうなると抗酸化成分は別の成分に変わってしまうので、効果が長持ちしないという欠点がありました。

ところが、フラーレンは活性酸素を吸着または分解する作用を持っており、フラーレン自体の成分が変わることはないのです。これが抗酸化作用を持続させている秘密です。

フラーレンの安全性とは?

フラーレンは炭素でできているので、肌へのダメージを不安視する人も多いようです。ですが、炭素はもともと人間の身体の10%以上を構成している物質であり、それ自体に毒性はありません。

フラーレンは活性酸素を吸着すると古い角質層と一緒に体外に排出されるので、肌に蓄積することもありません。そのほか、発がん性がないことも確認されています。フラーレンがさまざまな化粧品に使用されるようになったのは2005年のことで、基礎化粧品はもちろん、多くの美容皮膚科の現場で使用されてきましたが、現在まで使用による肌トラブルの報告はないようです。

監修者
【監修者より】
知ってほしい、
研究員の思い。

化粧品をつくる側だからこそ、
本当に良い化粧品は何かを伝えたい。

直接お肌につけるものだからこそ、私たち研究員は「お肌に優しく、そしてお客様のお悩みにより添える商品」の開発を使命としています。世の中には、たくさんの化粧品があふれています。日々、研究に熱を注いでいるからこそ、お客様にはご自身の肌に合った商品を手に取ってほしい。そう、切に願っています。

このサイトをご覧になっている皆さんは、お肌をいたわる化粧品を探していらっしゃることでしょう。お肌の知識や、化粧品業界の事情から「お肌への優しさ」というテーマで解説させて頂きました。皆さんの化粧品選びに少しでもお役に立てれば幸いです。

           

本当に、肌に優しい化粧品を届けたい。
理想の化粧品をつくるため、
リソウは研究を続けています。

1995年に健康食品の原料メーカーとして創業。成分開発の技術を活かし“肌に優しい化粧品”として美容液「リペアジェル」を代表とするリペアシリーズを製造・販売しています。本当に肌へ良い成分を追求し、業界で不可能といわれた生のビタミンCを配合する技術を開発。良質な植物原料にもこだわり自社農園にて無農薬栽培も行っています。

リソウコーポレーション
の商品サイトへ