肌に優しい化粧品のガイドブック » お肌に優しい化粧品の成分とは? » 化粧品に含まれるコラーゲンの効果とその特徴

化粧品に含まれるコラーゲンの効果とその特徴

肌にも含まれているコラーゲン。化粧品の成分としても定番ですが、具体的にはどんな特徴や効果があるのでしょうか?気になるコラーゲンについて見てみましょう。

コラーゲンは人間の体に必要不可欠なもの

タンパク質の1つであるコラーゲンは、炭水化物・脂質と並び人間の体には欠かせない成分です。体を構成する物質のうち3割はコラーゲンでできていると言われています。

とくに真皮層にコラーゲンは多く存在。肌を構成するうちの約70%はコラーゲンです。

コラーゲンは分子同士がくっついてできていますが、その正体はアミノ酸で3重らせん構造の形をとっておりこれらが結びつくことで肌に弾力やハリを与えています。

平均的な日本人女性で体重53kgの場合、体に含まれるコラーゲンの量は約3kgとなります。500mlペットボトルおよそ6本分のコラーゲンが含まれているのです。

コラーゲンは28種類ある

人間の体には28種類のコラーゲンが存在していると言われています。すべてのコラーゲンが何だかの活躍をしているそうですが、どのように活躍しているか詳細は今のところ研究でも分かってはいません。しかし28種類中9種類は肌に存在しており この9種類すべてが重要な役割を果たしていると言われています。

3つのコラーゲンが肌を若々しく保つために重要

肌に存在するコラーゲンのなかで1型・4型・7型と型番がつくコラーゲンはハリや弾力を保つために欠かせません。これらの成分が表皮と真皮の間にある膜に存在しており、美しい肌を維持しています。

肌だけでなく骨や血管にも多く存在する

コラーゲンと聞くと肌をイメージしますが、実は骨や血管にも多く存在しています。年齢と共にコラーゲンが減少すると、骨のなかにある柔軟性を保てなくなり、骨がもろくなってしまう人もいるのです。骨粗しょう症や骨折など、カルシウム不足が原因で起こると考える人も多いですが、実はコラーゲンの減少も関わっています。肌はもちろん、体のあらゆる部位を維持するうえで欠かせない成分がコラーゲンなのです。

コラーゲンが配合された化粧品を選ぶ際の注意点

コラーゲンはタンパク質の一種なので、人によってはアレルギー反応が出てしまう場合もあります。とくにウシや豚など動物由来のコラーゲンが含まれた化粧品を使用すると、アレルギーを招く可能性が高いと言われています。

動物由来のコラーゲンが含まれた化粧品を使用する場合は、アレルギー反応が出ないか、パッチテストをしてみましょう。 パッチテストの方法は、まず二の腕部分に化粧品を100円玉大で3ヶ所に塗布して1~2分待ちます。その後、洗顔料や石けんなどで洗浄。そこから4日間、赤みやかゆみなど異常が出ないか様子を見ましょう。

化粧品によく使われている代表的なコラーゲンの種類と特徴

コラーゲンは全部で28種類も存在し、それぞれ特性や働きが異なります。保湿成分のイメージが強いですが、中には洗浄目的で配合されるものもあるのです。ここでは、化粧品によく使われている代表的なコラーゲン4種類の特性・働きを解説しています。

ココイル加水分解コラーゲンK
(ヤシ油脂肪酸加水分解コラーゲンカリウム,ヤシ油脂肪酸加水分解コラーゲンカリウム液)

ココイル加水分解コラーゲンは、比較的刺激が少ないことで有名なアルコール系の洗浄剤です。ヤシの油から取れる脂肪酸の塩化物と加水分解コラーゲンから作られています。シャンプー・ボディーソープ・洗顔料・スキンケア化粧品などによく利用されている成分です。

洗浄力はやや低めですが、洗い心地はしっとりとしていて、ツヤ・うるおい・なめらかさを実感できます。泡立ちは良くないため、他の強めの洗浄剤と一緒に配合されることが多い傾向。

似たような成分として、よくラウレス硫酸Na(シャンプーによく使用される洗浄成分)と比較されますが、ツヤ・うるおい・なめらかさは、ラウレス硫酸Naよりもココイル加水分解コラーゲンKのほうが高いことがわかっています。

サクシノイルアテロコラーゲン
(サクシノイルアテロコラーゲン液)

サクシノイルアテロコラーゲンは、弾力のある肌へと導いてくれる保湿成分です。赤ちゃんの肌にたくさん含まれている成分としても有名。肌の水分が蒸発するのを防ぎつつ、角質層の水分量をキープしてくれるめ、ふっくらとぷにっとした弾力を実感できるでしょう。

ヒアルロン酸Naと相性がよく、一緒に配合されることが多い傾向にあります。分子量が大きいため、配合化粧品を肌に塗布したときの浸透力はやや低めですが、肌の表面にぴったりと吸着して水分の蒸発を防いでくれます。

加水分解コラーゲン
(加水分解コラーゲン液,加水分解コラーゲン液(4),加水分解コラーゲン末,コラーゲン・トリペプチド F)

加水分解コラーゲンは、牛・豚の骨や皮膚・サケなど魚の皮を使い、加工によって分子を細かくしたのち抽出したコラーゲンです。加水分解されている低分子タイプで、スキンケア用品をはじめ、ボディ&ハンドケア製品・洗浄製品など幅広い化粧品に使用されています。

肌表面の水分蒸発を防ぎ、肌の角質層の水分量をキープ。分子量が小さいため、肌馴染みが良く、角質層までスピーディーに行き渡ります。

化粧品メーカーによって加水分解の方法に違いがあり、コラーゲン分子の大きさに違いがあります。

水溶性コラーゲン
(水溶性コラーゲン液(1),水溶性コラーゲン液(3),水溶性コラーゲン液(4))

水溶性コラーゲンは繊維性のタンパク質で、保湿効果が高い成分です。肌馴染みもよく、高い保湿効果が期待できるため、スキンケア目的の化粧品にもよく使われています。

匂いが少なく、角質層まで素早く浸透性するのが特徴。脂肪分やコレステロールはほとんど含まれていません。また、シャンプーによく配合されている洗浄成分・ラウリル硫酸Naの刺激を緩和させる働きもあります。

アイテム別に解説
肌に優しい化粧品の選び方

監修者
【監修者より】
知ってほしい、
研究員の思い。

化粧品をつくる側だからこそ、
本当に良い化粧品は何かを伝えたい。

直接お肌につけるものだからこそ、私たち研究員は「お肌に優しく、そしてお客様のお悩みにより添える商品」の開発を使命としています。世の中には、たくさんの化粧品があふれています。日々、研究に熱を注いでいるからこそ、お客様にはご自身の肌に合った商品を手に取ってほしい。そう、切に願っています。

このサイトをご覧になっている皆さんは、お肌をいたわる化粧品を探していらっしゃることでしょう。お肌の知識や、化粧品業界の事情から「お肌への優しさ」というテーマで解説させて頂きました。皆さんの化粧品選びに少しでもお役に立てれば幸いです。

           

本当に、肌に優しい化粧品を届けたい。
理想の化粧品をつくるため、
リソウは研究を続けています。

1995年に健康食品の原料メーカーとして創業。成分開発の技術を活かし“肌に優しい化粧品”として美容液「リペアジェル」を代表とするリペアシリーズを製造・販売しています。本当に肌へ良い成分を追求し、業界で不可能といわれた生のビタミンCを配合する技術を開発。良質な植物原料にもこだわり自社農園にて無農薬栽培も行っています。

リソウコーポレーション
の商品サイトへ