肌に優しい化粧品のガイドブック » お肌に優しい化粧品の成分とは? » 化粧品に含まれるハトムギ(ヨクイニン)の効果とその特徴

化粧品に含まれるハトムギ(ヨクイニン)の効果とその特徴

ハトムギとも呼ばれるイネ科の植物、ヨクイニン。ハトムギエキスと書かれた化粧品を目にしたことのある人も多いのではないでしょうか。ここではヨクイニンという成分の美容効果、用途などについて詳しく説明します。

ヨクイニンとは?

数珠の玉のような形をしたハトムギの実の殻や種皮を取り除き、乾燥させたものがヨクイニンです。穀物の中でも突出した栄養素の豊富さを誇り、昔から漢方の生薬としても利用されてきました。和漢植物含有の化粧品の成分にも多く用いられています。

ヨクイニンのはたらき

ヨクイニンのはたらきとして挙げられる代表的なものは、肌のざらつきへのアプローチです。美白を目指すというよりは、肌の健康を促すための機能を求められていると言えます。その秘密はヨクイニンに多く含まれるビタミンB群。皮脂の分泌を正常化してターンオーバーを促進させます。角質層に潤いをもたらし、肌荒れを抑え健やかに保ってくれるでしょう。滑らかで透明感のある肌を目指せそうですね。美肌成分ヨクイニンのもつ保湿効果は、乾燥によるくすみやにきび、しみ、しわなどの肌トラブルを防止するとして注目されています。

美肌を目指せるだけじゃない

ヨクイニンは美肌に対してだけではなく、水いぼやリウマチ、むくみ、おできにもはたらきかけると考えられています。利尿作用健胃作用もあることから、民間薬としても人々の生活になじんできたこともうなずけますね。近年では抗腫瘍効果が着目されており、今後の研究にも期待が寄せられています。

ヨクイニン化粧水の効果的な使い方

ヨクイニンという成分について理解が深まったところで、ヨクイニン含有化粧水の使い方を紹介しましょう。

コットンパック

ヨクイニン含有化粧水はローションシートやコットンにたっぷりと含ませて、パックとして使用するのがいいようです。使用量は普通の化粧水の1.5~2倍程度の量。しっとりした仕上がりが好みという人は量を調整してみてください。パックの時間は5分ほど。そのあと手のひらで優しくパッティングします。肌を手のひらに吸い付かせるような感じで、ゆっくりと時間をかけて浸透させましょう。ヨクイニンの成分を角質層まで届かせていくイメージです。労わった分だけ、肌は応えてくれるでしょう。

全身の保湿

全身スキンケアのためにヨクイニン含有化粧水を使っている人も多いようです。スプレーボトルに詰め替えて、入浴後などに全身に吹きかけるのもいいでしょう。入浴後は肌が乾燥しがちなので、この保湿ケアを行なうとその後の肌の状態がまったく違うといわれています。

プレ化粧水

通常の化粧水を使う前の「プレ化粧水」として使用するのもおすすめ。ヨクイニン含有化粧水をコットンにたっぷり含ませて顔全体になじませ、そのあとで普段使いの化粧水を重ねれば肌への浸透力を高められそうです。

監修者
【監修者より】
知ってほしい、
研究員の思い。

化粧品をつくる側だからこそ、
本当に良い化粧品は何かを伝えたい。

直接お肌につけるものだからこそ、私たち研究員は「お肌に優しく、そしてお客様のお悩みにより添える商品」の開発を使命としています。世の中には、たくさんの化粧品があふれています。日々、研究に熱を注いでいるからこそ、お客様にはご自身の肌に合った商品を手に取ってほしい。そう、切に願っています。

このサイトをご覧になっている皆さんは、お肌をいたわる化粧品を探していらっしゃることでしょう。お肌の知識や、化粧品業界の事情から「お肌への優しさ」というテーマで解説させて頂きました。皆さんの化粧品選びに少しでもお役に立てれば幸いです。

           

本当に、肌に優しい化粧品を届けたい。
理想の化粧品をつくるため、
リソウは研究を続けています。

1995年に健康食品の原料メーカーとして創業。成分開発の技術を活かし“肌に優しい化粧品”として美容液「リペアジェル」を代表とするリペアシリーズを製造・販売しています。本当に肌へ良い成分を追求し、業界で不可能といわれた生のビタミンCを配合する技術を開発。良質な植物原料にもこだわり自社農園にて無農薬栽培も行っています。

リソウコーポレーション
の商品サイトへ