肌に優しい化粧品のガイドブック » お肌に優しい化粧品の成分とは? » 化粧品に含まれる
セラミドの効果とその特徴

化粧品に含まれる
セラミドの効果とその特徴

乾燥対策に力を入れているのに、肌がカサカサ…そんな人は、セラミドを配合した化粧品を使ってみてはいかがでしょうか?セラミドは、数ある成分の中で群を抜いて保湿力が高い成分。ここでは、そんなセラミドが肌にもたらすメリットや特徴についてお伝えしていきます。

監修者

【監修】私が解説します!

天然由来の基礎化粧品を開発しているメーカー「リソウコーポレーション」開発部門の研究員。
健康食品の原料メーカーでもあることから成分・原料開発の実績を活かし、素肌に優しい化粧品の開発を行っています。

≫リソウコーポレーションとは?

お肌に欠かせない成分
セラミドとは?

セラミドは、私たちの肌の角質層に存在する成分(細胞間脂質の一種)のこと。細胞間脂質の約50%を占めていて、細胞と細胞の隙間でまるでスポンジのように水分や油分を抱え込んでいます。何層にも重なった角質層を整える役割を果たす保湿成分です。

健やかな肌を保つのに欠かせないセラミドですが、体内での生成のピークは赤ちゃんの時。25歳を過ぎるとどんどん減少していきます。特に女性の顔と手のセラミドが減少しやすく、老けて見える原因に!健康な肌を保つことは勿論、若々しさをキープするためにも大切な成分です。

セラミドの生成は、肌のコンディションを正常に保てるかがポイント。ターンオーバーが正常に行われることで、セラミドの量を増やせます。セラミド配合化粧品だけで充分な量のセラミドを肌にチャージするには難しいため、あくまでも補助として使うアイテムだと考えましょう。ビタミンC・アミノ酸など、紫外線ダメージの抑制や肌の生まれ変わりを促進する成分を積極的に摂取するのがおすすめです。

セラミドが肌に優しい理由

敏感肌・乾燥肌の原因として挙げられるのが、細胞間脂質内のセラミド不足です。十分な量のセラミドで満たされていると肌のバリア機能が高まります。反対にセラミドが不足すると、角層の中にスキマが生まれてしまい、スキマを塗って刺激が肌内部まで伝わってしまうのです。そのため同じ刺激を受けた時、普通肌は何もトラブルが起こらなくも、バリア機能が低い敏感肌・乾燥肌は肌荒れを起こしやすくなります。

細胞間脂質内のセラミドの働きを補助してくれるセラミド化粧品。同時に、セラミドが減少しないように守る効果も期待できます。

敏感肌にとって最も重要な
セラミドの効能

セラミド不足は乾燥を招くことをお伝えしましたが、角質層がセラミドで満たされると肌はどう変化するのでしょうか?

一つめのメリットは、外部ダメージから肌を守るためのバリア機能の向上。セラミドが不足した肌は紫外線や空気の乾燥などの外的影響を受けやすくなります。反対に充分な量の細胞間脂質内に十分な量のセラミドがあると、何層もの壁で肌内部まで刺激が届くのを防げるため、内部まで刺激を伝えません。日々の肌への刺激に動じない、強い肌へと整える効果が期待できます

二つめのメリットは、美肌効果を感じやすくなること。セラミドは肌内部の水分蒸発を防ぐだけでなく、肌の水分を高める効果も期待できます。その結果、紫外線によるダメージも軽減され、くすみ(※乾燥による)やカサつきが起こりにくい肌へ導いてくれるでしょう。

「セラミド」を維持するためには、
界面活性剤に注意!

普段の何気ない行動によってセラミドが減少することがあります。代表的なものが、洗剤や石鹸に含まれる「界面活性剤」です。手持ちの洗顔フォームやクレンジング剤によっては、配合されているかもしれません。

水にも油にも溶ける界面活性剤は、強い洗浄力を持っています。セラミドは保湿成分ではなく「油分」なので界面活性剤に弱く、洗顔や水仕事の際に洗い流されてしまう可能性も!セラミドが肌内部からどんどん流出すると、乾燥を助長させます。セラミドを減少させないように、セラミドを守りながら汚れを落とす洗剤を選ぶのが大切です。またセラミドを配合した基礎化粧品を使い、肌のバリア機能をサポートすることも心がけてください。

もちろん洗顔料・クレンジングは肌の汚れやメイクを落とすことが目的ですが、あえて洗浄力の強いアイテムを選んだり、これらを長時間肌にのせたりすることは避けましょう。使う商品にもよりますが、洗顔料は約20秒、クレンジングは1分以内で十分です。

アイテム別に解説
肌に優しい化粧品の選び方

監修者
【監修者より】
知ってほしい、
研究員の思い。

化粧品をつくる側だからこそ、
本当に良い化粧品は何かを伝えたい。

直接お肌につけるものだからこそ、私たち研究員は「お肌に優しく、そしてお客様のお悩みにより添える商品」の開発を使命としています。世の中には、たくさんの化粧品があふれています。日々、研究に熱を注いでいるからこそ、お客様にはご自身の肌に合った商品を手に取ってほしい。そう、切に願っています。

このサイトをご覧になっている皆さんは、お肌をいたわる化粧品を探していらっしゃることでしょう。お肌の知識や、化粧品業界の事情から「お肌への優しさ」というテーマで解説させて頂きました。皆さんの化粧品選びに少しでもお役に立てれば幸いです。

           

本当に、肌に優しい化粧品を届けたい。
理想の化粧品をつくるため、
リソウは研究を続けています。

1995年に健康食品の原料メーカーとして創業。成分開発の技術を活かし“肌に優しい化粧品”として美容液「リペアジェル」を代表とするリペアシリーズを製造・販売しています。本当に肌へ良い成分を追求し、業界で不可能といわれた生のビタミンCを配合する技術を開発。良質な植物原料にもこだわり自社農園にて無農薬栽培も行っています。

リソウコーポレーション
の商品サイトへ