肌に優しい化粧品のガイドブック » お肌に優しい化粧品の成分とは? » 化粧品に配合されるアルコールの効果と使用する際のリスクとは

化粧品に配合されるアルコールの効果と使用する際のリスクとは

多くの化粧品に配合されているアルコール。化粧品に含まれるアルコールの効果と、使用時のリスクについて紹介します。そもそもアルコールはなぜ化粧品に使用されているのでしょうか。メリット・デメリットを理解した上で、肌質に合う化粧品を選びましょう。

監修者

【監修】私が解説します!

天然由来の基礎化粧品を開発しているメーカー「リソウコーポレーション」開発部門の研究員。
健康食品の原料メーカーでもあることから成分・原料開発の実績を活かし、素肌に優しい化粧品の開発を行っています。

≫リソウコーポレーションとは?

化粧品に含まれるアルコールの成分とは

一般的に化粧品の成分として使用されているアルコールは、エタノールや無水エタノールのことを指します。アルコールは複数の種類があり、例えば製品を固めたり粘性を高めたりする際には「ベヘニルアルコール」「ステアリルアルコール」「セチルアルコール」などが使用されます。肌をケアする乳液やクリームによく使用されるのは「イソステアリルアルコール」です。一言にアルコールと言っても、使用目的によって異なるアルコールが用いられます。

効果と目的

アルコールに含まれる成分には、以下のような効果が期待できます。

  • 収れん作用…肌や毛穴を引き締める効果が期待できます。
  • 洗浄作用…肌に残る皮脂や汚れを浮かして除去します。拭き取りタイプの化粧水と相性◎。
  • 殺菌作用…殺菌効果により防腐剤としての役割を果たします。
  • 清涼作用…揮発性があり、肌の上で蒸発する際に周りの熱を吸収。爽快感を生み出します。
  • 溶解作用…水や油には溶けにくい各種成分や香料、色素などをできる限り溶かすことが可能。成分を溶かすことで、均一に混ぜられます。

どんな肌質にも使用可能なのか?

様々な効果が期待できるアルコール。どのような肌質の方におすすめなのでしょうか。自身の肌質に合う・合わないを把握しておきましょう。

アルコール入りの化粧品でのケアがおすすめな人

普通肌や脂性肌の方におすすめです。アルコール特有のスーッとした感じが苦手でなければ、問題なく使えるでしょう。殺菌・洗浄作用により、ニキビの予防になります。大人ニキビに悩む方のニキビ対策に◎。収れん・清涼作用で毛穴が引き締まり、さっぱりするので、化粧後のべたつきやテカリが気になる方にもおすすめです。

アルコール入りの化粧品を避けた方がいい人

飲酒時や消毒用アルコールを使った場合に発疹が出る方、あるいはアルコール過敏症の方は使用を控えた方が良いでしょう。他にも乾燥肌・敏感肌・肌に炎症のある方は、アルコールの刺激で肌の状態が悪化する可能性があるので、使用をおすすめしません。自身の肌質を考慮して、化粧品を選択するようにしましょう。

監修者
【監修者より】
知ってほしい、
研究員の思い。

化粧品をつくる側だからこそ、
本当に良い化粧品は何かを伝えたい。

直接お肌につけるものだからこそ、私たち研究員は「お肌に優しく、そしてお客様のお悩みにより添える商品」の開発を使命としています。世の中には、たくさんの化粧品があふれています。日々、研究に熱を注いでいるからこそ、お客様にはご自身の肌に合った商品を手に取ってほしい。そう、切に願っています。

このサイトをご覧になっている皆さんは、お肌をいたわる化粧品を探していらっしゃることでしょう。お肌の知識や、化粧品業界の事情から「お肌への優しさ」というテーマで解説させて頂きました。皆さんの化粧品選びに少しでもお役に立てれば幸いです。

           

本当に、肌に優しい化粧品を届けたい。
理想の化粧品をつくるため、
リソウは研究を続けています。

1995年に健康食品の原料メーカーとして創業。成分開発の技術を活かし“肌に優しい化粧品”として美容液「リペアジェル」を代表とするリペアシリーズを製造・販売しています。本当に肌へ良い成分を追求し、業界で不可能といわれた生のビタミンCを配合する技術を開発。良質な植物原料にもこだわり自社農園にて無農薬栽培も行っています。

リソウコーポレーション
の商品サイトへ