肌に優しい化粧品のガイドブック » お肌に優しい化粧品の成分とは? » 化粧品に含まれるAHA(フルーツ酸) の効果とその特徴

化粧品に含まれるAHA(フルーツ酸) の効果とその特徴

スクラブ化粧品やパックなどに含まれているAHA(アルファヒドロキシ酸)フルーツ酸という名のほうが耳慣れているかもしれませんね。ここではその成分の特徴や効果、使われる場面について説明します。

AHAとは?

一般的にはフルーツ酸と呼ばれているAHAは、普段使いのスクラブ化粧品やクレンジング剤、パックなどにも含まれている成分です。家庭でもピーリングに使われているためなじみのある美容成分といえるでしょう。肌のしみやくすみ、ざらつきなどを改善して肌を若返らせる作用が期待できるので、年代を問わず注目されています。

ケミカルピーリング

ピーリングとは美肌効果を得るため古い角質を取り除き、肌の新陳代謝を調える処置のこと。中でも「ケミカルピーリング」は主に医療機関で行なわれている施術で、にきびや毛穴の黒ずみ、しみやくすみなどの肌トラブルがなかなか改善しない人向けに行われています。

このケミカルピーリングにもAHAが用いられていますが家庭用とは違って成分は強め。家庭ではケアしきれない肌トラブルにアプローチするために使われるため、肌の深い部分に届くように作られているのです。個人が家庭で使用する場合はこのような強い成分を使うことはおすすめできません。植物由来のAHAとはいえ副作用があることも心に留めておきましょう。

AHAの種類

AHAにはいくつかの種類があり、中でもグリコール酸乳酸などは比較的刺激が軽度で日本人の肌に合っているといわれています。

グリコール酸

グリコール酸はサトウキビから抽出されるAHA。主に美容皮膚科で使用されますが、ごく少量であれば配合した化粧品も販売されています。濃度を変えて使用しますが、低めの濃度であればにきびや軽いくすみ、ざらつきの改善を促します。濃度の高いものであれば線維芽細胞が刺激され肌の弾力性が向上し、目元や口元の小じわやにきび跡へのアプローチが期待できるとされています。

乳酸

乳酸はサワーミルクやヨーグルトから抽出されるAHAで、刺激が少ないことが特徴。グリコール酸で刺激が強すぎる場合には乳酸が選択され、家庭用化粧品では乳酸と併せてリンゴ酸やクエン酸が含まれたピーリング剤が広く使用されています。

リンゴ酸、クエン酸、コハク酸、酒石酸塩

主に家庭用ピーリング化粧品に含まれ、多くの商品では複数のAHAが混合されています。そのほとんどが有効成分10%未満で刺激も少ないため、日常的に使用してもトラブルが起きるケースはごくまれですが、敏感肌やアトピーの人は注意が必要です。

監修者
【監修者より】
知ってほしい、
研究員の思い。

化粧品をつくる側だからこそ、
本当に良い化粧品は何かを伝えたい。

直接お肌につけるものだからこそ、私たち研究員は「お肌に優しく、そしてお客様のお悩みにより添える商品」の開発を使命としています。世の中には、たくさんの化粧品があふれています。日々、研究に熱を注いでいるからこそ、お客様にはご自身の肌に合った商品を手に取ってほしい。そう、切に願っています。

このサイトをご覧になっている皆さんは、お肌をいたわる化粧品を探していらっしゃることでしょう。お肌の知識や、化粧品業界の事情から「お肌への優しさ」というテーマで解説させて頂きました。皆さんの化粧品選びに少しでもお役に立てれば幸いです。

           

本当に、肌に優しい化粧品を届けたい。
理想の化粧品をつくるため、
リソウは研究を続けています。

1995年に健康食品の原料メーカーとして創業。成分開発の技術を活かし“肌に優しい化粧品”として美容液「リペアジェル」を代表とするリペアシリーズを製造・販売しています。本当に肌へ良い成分を追求し、業界で不可能といわれた生のビタミンCを配合する技術を開発。良質な植物原料にもこだわり自社農園にて無農薬栽培も行っています。

リソウコーポレーション
の商品サイトへ