肌に優しい化粧品のガイドブック » 肌荒れを引き起こす肌に悪い事とは? » 辛いものを食べると肌荒れする?

辛いものを食べると肌荒れする?

辛い食べ物と肌荒れって関係あるの?

女性といえば甘いものが好きというイメージですが、辛い物が好きな女性も意外に多いもの。辛いものを食べることで新陳代謝に働きかけたり、ストレスを発散したりするという方が多いようです。ですが「辛い食べ物で肌荒れする」と聞くと、「うかつに食べられないのでは…?」と心配する人もいるのではないでしょうか。とくに、普段からニキビなどの肌トラブルに悩まされている人にとっては知っておきたいポイントです。ここでは、辛い食べ物と肌荒れの因果関係について説明しています。

酸性リコピンが刺激となるケース

辛口メニューの具材として、トマトや唐辛子などの赤い食材が入っていることは多いもの。これらの食材には、酸性リコピンという成分が含まれています。この酸性リコピンをたくさん摂取することで体が酸性へと傾き、肌のpHが揺らいでしまったためにニキビができるケースが考えられます。辛いものの成分が直接肌荒れを引き起こすことは考えにくいものの、肌のpHが揺らぐことで正常に保たれていた肌のバランスが崩れ、ニキビができる引き金となります。

胃腸に負担・問題があるケース

辛いものを食べると身体から汗がどっと吹き出すような代謝を感じることがありますよね。ただし辛いものを食べ過ぎると胃腸に負担がかかってしまい、刺激された多量の胃液によって胃や腸が荒れてしまいます。胃腸が荒れると必要な栄養を十分に吸収できなくなるため、ニキビや肌荒れに繋がることも。とくに、普段から胃腸が弱いと自覚している方は辛いものの摂りすぎには注意が必要です。

辛いものと同時に甘いものを摂取するケース

人によっては、辛いものと甘いものを同時に摂取しているケースがあります。辛いものと一緒に炭酸飲料やジュースを飲むことで糖分を摂り過ぎてしまうと、ニキビの炎症を悪化させてしまいます。糖分自体は体に必要な成分ですが、摂りすぎてしまうとニキビができる原因にもなるため注意が必要です。また口直しに甘いデザートが食べたくなるという方は、糖分と同時に脂肪分を多く摂ってしまうことでニキビができるというケースもあります。

監修者
【監修者より】
知ってほしい、
研究員の思い。

化粧品をつくる側だからこそ、
本当に良い化粧品は何かを伝えたい。

直接お肌につけるものだからこそ、私たち研究員は「お肌に優しく、そしてお客様のお悩みにより添える商品」の開発を使命としています。世の中には、たくさんの化粧品があふれています。日々、研究に熱を注いでいるからこそ、お客様にはご自身の肌に合った商品を手に取ってほしい。そう、切に願っています。

このサイトをご覧になっている皆さんは、お肌をいたわる化粧品を探していらっしゃることでしょう。お肌の知識や、化粧品業界の事情から「お肌への優しさ」というテーマで解説させて頂きました。皆さんの化粧品選びに少しでもお役に立てれば幸いです。

           

本当に、肌に優しい化粧品を届けたい。
理想の化粧品をつくるため、
リソウは研究を続けています。

1995年に健康食品の原料メーカーとして創業。成分開発の技術を活かし“肌に優しい化粧品”として美容液「リペアジェル」を代表とするリペアシリーズを製造・販売しています。本当に肌へ良い成分を追求し、業界で不可能といわれた生のビタミンCを配合する技術を開発。良質な植物原料にもこだわり自社農園にて無農薬栽培も行っています。

リソウコーポレーション
の商品サイトへ